日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 健康も、原因があるから結果がある【エイチ・アイ・エス会長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

健康も、原因があるから結果がある【エイチ・アイ・エス会長】

第4回 因果の法則を学ぶ

 澤田秀雄=エイチ・アイ・エス会長

 健康づくりを複雑に考えがちですが、すべては因果なのではないかと思うんですよ。例えば、甘いものを食べたり、量をたくさん食べたりすると血糖値が上がる。免疫力が落ちているところに細菌が入って風邪をひく。「因」(原因)があるからこそ、そうした「果」(結果)になっているわけです。

「今は、髪の毛の“因”を研究しているところ」
[画像のクリックで拡大表示]

 つまりそうなっているのには必ず原因がある。だから原因を取り除くか、修正すれば元の状態に近づくはず。そう考えると、少しは楽しく健康管理もできるのではないでしょうか。

 だから最近少々薄くなってきた髪の毛も、6カ月後には増やせるんじゃないかと、今は写真を撮ってチェックするなど、目下、因を研究しているところです。具体的なことは言えませんが、こういうことをするとこうなるなど、自分なりに大体分かってきましたから、ぜひ6カ月後に頭髪の状態を確かめに来てください(笑)。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

取材を終えて

 澤田会長にお話をうかがっていると、ストイックに、厳密に、データを取りながら健康づくりをしているという印象は全くなかった。それより自分のできる範囲で、楽しく、いい意味で適当にやっている感じだ。

 「昼間には悩んでよし、でも夜は気持ちを切り変えてさっさと寝る」「眠れると思うから眠れる。眠れないと思うから眠れない」という話にはなるほどとうなった。

 インタビュー中、いちばんイキイキとされていたのは大好きだというフルーツパフェの話と、髪の毛の話をしているとき。半年後に研究成果の確認のため、ぜひ取材におじゃましたい。(荻)

澤田秀雄(さわだひでお)さん
エイチ・アイ・エス会長
澤田秀雄(さわだひでお)さん 1951年、大阪府生まれ。73年旧西独のマインツ大学に留学。在学中に50カ国以上を旅する。帰国後の80年にエイチ・アイ・エスの前身となるインターナショナルツアーズを創業。96年に航空会社、99年には証券会社の経営に乗り出す。2010年からハウステンボス社長に就任し、再建を担う。エイチ・エス証券会長、ハーン銀行会長も兼任する。15年からは「プロの経営者」を育成する「澤田経営道場」を開校。

■澤田会長のカラダ資本論
第1回 断食で余分なエネルギーも仕事もシャットアウト
第2回 昼間は悩んでもよし、夜は切り替えて寝る
第3回 同じ歩くなら、楽しくなる場所を

■その他の経営者のカラダ資本論
【ライフネット生命出口氏】人生を無駄にして病を引き起こす3つの心持ち
【大和ハウス工業樋口氏】70代でも毎朝、腹筋80回、足の開閉50回
【ベネッセ原田氏】私が60歳目前で運動を始めたワケ
【JINS社長田中氏】2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.