日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 同じ歩くなら、楽しくなる場所を【エイチ・アイ・エス澤田会長】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

同じ歩くなら、楽しくなる場所を【エイチ・アイ・エス澤田会長】

第3回 花と音楽が心を癒す

 澤田秀雄=エイチ・アイ・エス会長

 花々には何か不思議な力があります。今年4月、日本ガーデンセラピー協会が設立されました。これは、庭と人との関係を様々な角度から見直し、人の心身に与える影響を科学や医学の視点から検証して、庭の有効性を多くの人に伝えることを目的にした団体です。僕も顧問の1人として名前を連ねていますが、これからいろいろなことが分かってくるのではないでしょうか。

過ぎたるは、なお及ばざるがごとし

「実は、大の甘いもの好きなんです」
[画像のクリックで拡大表示]

 ハウステンボスでは季節ごとに、バイオリンの演奏などを聴きながら、その花をイメージしたスイーツをいただくブッフェも開催しています。僕自身、甘いものには目がないんですよ。おいしいじゃないですか、甘いものって。

 特にアイスクリームやフルーツパフェが好きで、休みの日に家内とパーラーに食べに行くこともあるくらいです。

 人はおいしいものを食べると、幸せな気持ちになりますよね。それがひいては健康につながるのではないかと思います。かといって、食べすぎたら駄目。何事も、過ぎたるはなお及ばざるがごとし。運動も、しなくても、しすぎてもよくない。ストレスも、適度なものならいいと思いますが、過剰なストレスは危険。やっぱりバランスが大切なんですね。


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

澤田秀雄(さわだひでお)さん
エイチ・アイ・エス会長
澤田秀雄(さわだひでお)さん 1951年、大阪府生まれ。73年旧西独のマインツ大学に留学。在学中に50カ国以上を旅する。帰国後の80年にエイチ・アイ・エスの前身となるインターナショナルツアーズを創業。96年に航空会社、99年には証券会社の経営に乗り出す。2010年からハウステンボス社長に就任し、再建を担う。エイチ・エス証券会長、ハーン銀行会長も兼任する。15年からは「プロの経営者」を育成する「澤田経営道場」を開校。

■澤田会長のカラダ資本論
第1回 断食で余分なエネルギーも仕事もシャットアウト
第2回 昼間は悩んでもよし、夜は切り替えて寝る

■その他の経営者のカラダ資本論
【ライフネット生命出口氏】人生を無駄にして病を引き起こす3つの心持ち
【大和ハウス工業樋口氏】70代でも毎朝、腹筋80回、足の開閉50回
【ベネッセ原田氏】私が60歳目前で運動を始めたワケ
【JINS社長田中氏】2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.