日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 食事はきちんと1日3食、アルコールは楽しみとして【キリンビバレッジ 堀口社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

食事はきちんと1日3食、アルコールは楽しみとして【キリンビバレッジ 堀口社長】

第2回 運動と旬の食材で健康な体を作る

 堀口英樹=キリンビバレッジ

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、清涼飲料水業界において、好調に業績を伸ばしているキリンビバレッジ代表取締役社長の堀口英樹さんに話を伺っている。今回は海外赴任が多かった堀口さんのフォアローゼズディスティラリー勤務時代のエピソードと食事に対する考え方について語っていただいた。

「バーボン・チェイス」への参加で、社員のコミュニケーション作り

 2009年、米国のフォアローゼズディスティラリー勤務になったときにも、自転車を持って行きました。蒸留所は、ケンタッキー州のローレンズバーグというところにあるのですが、ここはオーストラリアのメルボルンとは環境が違って、一面の広い牧場の中をアップダウンがある道が通っています。「ああ、ここは自転車で走るのにいいなぁ」と思いました。

 ところが、自動車で走っているすぐ横を車がものすごいスピードで走るんですよ。「これは危険だなぁ」と。それでランニングに特化したのです。ちょうどその頃、バーボン業界の振興のために、“バーボン・チェイス”というランニングのイベントが始まりました。これは320kmを12人のリレー方式で、フォアローゼズを含む6つの蒸留所を巡りながら走るというものです。

 いろんなチームが出場するのですが、「うちの蒸留所も含まれているのだから、チームを作って出よう!」となりました。12人で320kmを、1人が1区間ではなく、3回ずつくらい交代しながら走ります。そこで6人乗りのワゴンを借りて2チームに分け、走り終わるとそれに乗って先回りし、次の人がまた交代して走るというサポート体制を作りました。

 出場するには、やはり練習しなくてはいけませんから、それが健康へもつながっていきます。それに、社員同士のコミュニケーションにもなりました。

「バーボン・チェイス」でフォアローゼズ社員と⼀緒に⾛る。白い帽子でゼッケンをつけているのが堀口社長。

毎朝のテイスティング参加でバーボン好きに

 もともとお酒は好きでしたが、それまではビール中心で、実はバーボンはあまり飲んでいませんでした(笑)。しかし、さすがにフォアローゼズに行くと、そうも言ってはいられません。会社・商品を深く知るためにもバーボンをよく飲むようになりました。

 蒸留所では、毎日、朝にまだ樽に詰める前の無色透明な原酒のテイスティングがあります。それに参加させてもらうようにしました。蒸留したばかりの原酒は、樽で熟成させたものほどの違いはないのですが、原料の配合具合や発酵の度合いによって、微妙に味や香りが違います。フォアローゼズの場合は10種類の原酒をブレンドして、製品として出荷しています。

 今でも、夜の会食や家でもほどほどにお酒は飲んでいます。ちゃんと家にはフォアローゼズを用意して、冷蔵庫の中には、一番搾りやキリンラガー、そして午後の紅茶や生茶が入っていますよ(笑)。本当にベタな話ですが、アルコール類は楽しみとしてとるもので、“飲み過ぎない”というのが大切です。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.