日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 自分の力で走ることが、リフレッシュになる【キリンビバレッジ 堀口社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

自分の力で走ることが、リフレッシュになる【キリンビバレッジ 堀口社長】

第1回 マラソンや自転車にのめり込んでいった理由

 堀口英樹=キリンビバレッジ

健康意識の高い豪州の人々との関わりがマラソンに向かわせた

 ランニングを始めたのは、2008年です。これも海外赴任がきっかけでした。オーストラリアのメルボルンに単身赴任になったとき、自宅近くにF-1のコースにもなるアルバートパークというところがありました。オーストラリアで勤めた会社の人は、スポーツや健康に対する意識が高いんですよ。それで会社に入ったときに、まず、「メルボルンマラソンがあるから出場しないか」という話がありました。そこで良いコミュニケーションになるとも考え、出場に向けてのトレーニングとして、1周5kmほどのアルバートパークのコースをランニングするようになりました。

 それから、グローバルコーポレートチャレンジというのがあり、会社のチーム単位で参加していました。これは6人くらいのチームで行います。当時は1人20豪州ドル程度払うと、帽子やバッグ、それに歩数計を渡されるんです。そして毎日、歩いた距離や歩数をインプットします。すると現在の順位などが出ます。社内だけでなく、ほかの会社のチームとも競うのですが、3カ月のタームで終了するまで、例えば順位が低くなると、リーダーが「うちのチームはちょっと少ないから、お昼に集合!」という声がかかって、歩かされるんです(笑)。最後は血液検査までやって、効果がどれだけあったかどうかまで計測するような本格的なものでした。

 そんな経緯で、社内の健康意識も高かったのですが、その年のメルボルンマラソンのハーフマラソンに出たのが、今につながるランニングのきっかけでした。もちろん、自転車を持って行っていましたから、こちらのほうでも走っていました。

長男の成人式に合わせて、マラソンのプレゼント

 そして翌年、40代も終盤、「50歳少し手前だし、人生の大きな区切りとしてフルマラソンに挑戦しよう」と、ホノルルマラソンに出場したんです。ホノルルマラソンはすごく大きなイベントで、シリアスな競走とはまた別に、エンターテインメイト性の高い、楽しいマラソンなんです。

 とは言え、42.195km走るにはトレーニングが必要ですから、そこからどんどんランニングにのめり込んでいってしまったんですね。このときには、私はアメリカのケンタッキー州、フォアローゼズディスティラリーに単身赴任していました。ちょうど長男が20歳。ホノルルマラソンが非常に楽しかったので、「成人式に合わせて、マラソンをプレゼントするよ」と声をかけてみました。そうしたら「やってみる」ということで、家族とホノルルで落ち合って参加したんです。その次は次男ですが、彼にも20歳になる年に「どうする?」と。2015年には、家族3人で走りました。

家族3人で走ったホノルルマラソン、奥様も一緒に記念撮影。
家族3人で走ったホノルルマラソン、奥様も一緒に記念撮影。

 ホノルルマラソンには、いろんな参加カテゴリーがあるのですが、3人の年齢が合計で100歳未満の部というのがあるんです。そこにエントリーして、なんと3位になりました。“すごい!”と思うでしょ? ところが後で聞いたら、このクラスのエントリーは7組だったというオチがありました(笑)。

 2013年に帰国してからも、三浦国際マラソンや青梅マラソン、会社の中でもリレーマラソンなどに出たりしています。これは社内でチームを作りますから、終わった後はまたみんなで集まって、一番搾りやラガービールです。走って汗を流すのですが、その分美味しく飲んでいるというような具合ですね(笑)。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

◇     ◇     ◇

 次回は、フォアローゼズディスティラリー時代のエピソードと、食事に対する考え方と実践していることについて伺います。


私の「カラダ資本論」【キリンビバレッジ 堀口社長】

第1回 自分の力で走ることが、リフレッシュになる
第2回 食事はきちんと1日3食、アルコールは楽しみとして
第3回 在宅勤務中は毎日夕方からランニング
堀口英樹(ほりぐち ひでき)さん
キリンビバレッジ代表取締役社長
堀口英樹(ほりぐち ひでき)さん 1962年1月27日生まれ、神奈川県出身。1985年3月、慶応義塾大学商学部卒業後にキリンビール株式会社入社。2000年6月営業本部営業部部長代理。2001年3月総務部秘書室部長代理などを経て、2006年3月にグループ戦略部グループブランド室長に。翌年7月、キリンホールディングス株式会社経営企画部グループブランド室長に。2008年1月にはオーストラリア、ナショナルフーズのマーケティング企画部長。2009年3月、フォアローゼズディスティラリー代表取締役社長就任。2013年3月、小岩井乳業株式会社常務取締役に就任し、翌年3月小岩井乳業株式会社代表取締役社長に。2016年3月より現職。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.