日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「決して諦めない」を肝に銘じたドイツでの出来事【川淵三郎さん=日本サッカー協会最高顧問】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

「決して諦めない」を肝に銘じたドイツでの出来事【川淵三郎さん=日本サッカー協会最高顧問】

第4回 「ヤマトダマシイ」…僕は恥ずかしくてたまらなかった

 野地秩嘉=ノンフィクション作家

「ヤマトダマシイ」は持っていないのですか?

 川淵さんの「人生哲学」を決定づけたのは、1960年に起こった試合での出来事だ。当時、早稲田大学の学生で、サッカー日本代表のフォワードだった川淵さんは、日本サッカー協会が旧西ドイツから招聘していた、デットマール・クラマーコーチの下で練習を続けていた。

 クラマーコーチは若い頃からいわゆる“ハゲ頭”で、代表メンバーたちは初対面の時に「なんだ、こんな風采(さい)の上がらないおっさんがコーチなのか…」と幻滅したそうだ。しかし、いざ指導を仰ぐと、選手たちの幻滅はたちまち尊敬に変わっていったという。クラマーコーチは旧西ドイツの伝説的なプレーヤーであるベッケン・バウアーの師でもあり、後にバイエルン・ミュンヘンの監督も務めた人物。「プロフェッサー(教授)」とも呼ばれた理論家で、サッカーの技術や戦術だけでなく、日ごろの生活の心得までも教えてくれた。選手たちは次第にクラマーコーチに心服するようになっていった。

 そして、ある日の出来事が、川淵さんの生き方を変えてしまった。

日本代表メンバーだったときの海外遠征で、旧西ドイツのセミプロチームに5対0で負けた。デットマール・クラマーコーチから「ヤマトダマシイを持っていないのか?」と問われた苦い体験から、どんな苦境にあっても諦めないと肝に命じた。
[画像のクリックで拡大表示]

 「旧西ドイツに遠征した時のことでした。アーヘンという町のセミプロチームと試合したところ、日本代表は5対0で負けたのです。相手はセミプロなのに代表チームは完敗で、我ながら情けなかった。そうしたら試合の後、クラマーが控室に入ってきて、静かな声で話し始めたのです。ジェントルマン、私は兵隊上がりです。ドイツは戦争には負けたけれど、ゲルマン魂はまだ失ってません。戦争の良しあしは別として、戦う時は死力を尽くして戦う。サッカーもそうなのです。今日、私は残念でした。あなたたちは戦う気持ちを持っていなかった。勝ちたいと思っていなかった。最後まであきらめずに頑張ることもしなかった。一体、あなたたちはどうしたのですか? 私たちドイツ人が敬意を払っていた『ヤマトダマシイ』を持っていないのですか? ヤマトダマシイを持った日本人は精神的に強いというのは嘘だったのですか? 声を荒げ、こうまくし立てたのです」

 その時、選手たちは誰1人としてクラマーコーチの顔を見ることができなかったという。

どんなに苦境でも諦めちゃいけないと肝に銘じた

 川淵さんは振り返る。

 「いや、びっくりしました。ドイツ人から『ヤマトダマシイ』という言葉が出てきたから、僕は恥ずかしくてたまらなかった。それ以来、どんな強い相手でも試合を投げ出しちゃいけない、どんな苦境にあっても諦めちゃいけないと肝に銘ずることにしたのです」

 それ以来、川淵さんは仕事でも、Jリーグを創設してからも、手を抜いたことはない。どんな時でも死力を尽くしてきた。「いくつになってもゴルフのドライバーの飛距離は伸びる」と信じているのも、絶対にあきらめない気持ちを持っているからだ。

 「今まで健康だったのはサッカーをやっていた頃の貯金があるからでしょう。身体にいいこと? やはり、ものごとにこだわらずに淡々と生きていく。悠々と生きていく。それができれば理想ですね」

<了>

(写真協力:日刊ゲンダイ/取材・撮影協力:ヌーヴェルゴルフ倶楽部、千葉夷隅ゴルフクラブ)

『日刊ゲンダイ』で川淵三郎さんが登場する「相手をスコアアップさせ、自分も上達になる方法」を毎週火曜に連載中

川淵三郎(かわぶちさぶろう)さん
日本サッカー協会最高顧問、日本バスケット協会会長、首都大学東京理事長
川淵三郎(かわぶちさぶろう)さん 1936年12月3日、大阪府生まれ。 大阪府立三国丘高校でサッカーを始め、早稲田大学、古河電工でプレー。現役引退後は古河電工、日本代表の監督を経て、JFA(日本サッカー協会)理事に就任。1991年Jリーグ初代チェアマン、2002年JFA会長、名誉会長を歴任して、2012年に最高顧問となる。現在、日本バスケットボール協会会長、首都大学東京理事長を務める。著書に『「51歳の左遷」からすべては始まった』(PHP新書)、『「J」の履歴書』(日本経済新聞出版社)など。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.