日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > ブラジルで目覚めた食事管理の大切さ【味の素 西井社長】

私の「カラダ資本論」

ブラジルで目覚めた食事管理の大切さ【味の素 西井社長】

第2回 1日10種類を食べて健康に

 西井孝明=味の素社長

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、味の素の西井孝明社長に登場していただいている。世界130を超える国と地域にネットワークを拡げるグローバル企業のトップである西井さんは朝、14階の社長室へは階段を使って入り、執務時にはほとんど立ったまま。それで下半身の筋力を維持して、多忙極める仕事をこなしているという。では、そんな西井さんは体づくりの素となる栄養についてはどう考え、そして実践しているのだろうか。今回は食を通して社会の健康に貢献している企業のリーダーの食事法について語っていただいた。

 食事に関してはもう、本当に仕事みたいなもので、1日3度でどうやって栄養とカロリーのバランスを整えるかということを常に考えていますね。

 例えば、弊社がネーミングライツ契約をしている東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで提供されている食事は、通称“勝ち飯”と呼ばれています。ここはトップアスリートのための施設で、柔道や卓球などの多くの日本を代表する選手が体を鍛えています。

[画像のクリックで拡大表示]

 種目によって「勝てる体」は異なるので、それぞれに合った食事を提供しています。これは私たちの「ビクトリープロジェクト」というアスリートに対するサポート事業で掲げる“勝つための体を作る”という考え方に基づいているのです。

 このコンセプトはトップアスリートだけでなく、一般の方々の体にも当てはまります。私も自分に合う食べ方を考えて、1日の摂取カロリーを調整しています。

 食事に気を付けるようになったのは、2年間のブラジル単身赴任経験が大きいですね。向こうの料理はとにかく塩と砂糖を大量に使うんです。確かブラジル人1人当たりの砂糖の年間消費量は、50kgを超えていたと思いますよ。1週間に約1kg消費している計算です。ブラジルでは総じて料理の味付けが濃かったですね。

 一時帰国した時に、自宅で食べる食事の味が薄く感じてしまったことがありました。気が付かないうちに濃い味付けに慣れてしまい、つい塩をかけてしまって。すると娘から「お父さん、何でお塩かけているの」と言われて、途中で「ああ、味覚が変わってきているんだな」と気づかされました。

 それからスマートフォン(スマホ)のアプリで食事管理をするようになりました。アプリを使ってみて分かったのは、毎日食べるものが違っても、ご飯やパンなど炭水化物や、野菜、肉、魚、果物の総摂取量というのは、1週間や1カ月の単位でみるとそれほど変わらないということです。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.