日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 毎朝、階段で14階の社長室へ【味の素 西井社長】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

毎朝、階段で14階の社長室へ【味の素 西井社長】

第1回 仕事中も足腰の筋力維持

 西井孝明=味の素社長

 書類を読んだり、それにサインをしたりという、どうしても机を使わなければいけないこと以外は椅子に座ることがありません。ですから、たぶん1日4時間以上は立っていますね。社員が「社長、ちょっといいですか」と用事で入ってきた時には、僕は立ったまま後ろ向きで仕事をしているので、「何ですか?」と振り返る感じです(笑)。

 立って執務をすることを始めたのは今年からです。座って仕事をしていた時には、姿勢が崩れて肩が凝ることがあったのですが、今では全くなくなりましたね。きっかけは昨年、米サンディエゴの子会社を訪ねた時、そこの社長が同じように立って執務をしていたからなんです。「どうして?」と聞いたら。「こうすると、集中できるから仕事が早くこなせるし、足腰にもいいから」と言うんです。

 やってみると、確かにいいんです。脚の筋肉の良い意味での張りも維持できます。ふくらはぎと太ももがしっかりしてきました。腰には、学生時代に運動で傷めたヘルニアが少しあるんですが、それも痛みが出なくなりました。やっぱり人間は、もともと持っている筋肉を動かしたほうが健康になれるのだと思います。

ジムで一汗かいてから楽しく会食

 弊社は終業時間を午後4時半に設定しています。そして午後6時や6時半くらいから、仕事関係の会食が入ることがあります。この間に本社の近くのスポーツクラブに行って、1時間ほど必ず体を動かすようにしているんです。最低でも週2回、だいたい3~4回は通っていますね。種目はその日によって違いますが、筋トレやストレッチ、ランや水泳など、1回にどれか一つはこなすようにしています。

 30分から1時間、集中してトレーニングをしてシャワーを浴び、身だしなみを整えて宴席に出発です。そのほうが良い話し合い、会合ができるんです。ジムに通う以前は、終業してからの時間を“勉強”と称して、仕事の延長線上の調べ物や次の日の準備に充てていたのですが、それがストレスになっていたのかもしれません。ジムで体を動かしてリフレッシュして素で臨んだほうが、確実に良い仕事ができますね。

 最近は日本企業の間でも少しずつ増えてきたようですが、僕はこの本社の中に、全社員がいつでも自由に使えるジムを作りたいんですよ。私たちの海外のパートナー会社の中には、社内にジムを備えたところがあります。それで時間制で社員がトレーニングしたり、リラクゼーションしたりできるようになっているんです。みんなに社内にジム作りたいと言うと、ワァーと笑ってくれるけど、誰も本当にできるとは思ってくれない。けど私は本気ですよ(笑)。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

西井孝明(にしい たかあき)さん
味の素 社長
西井孝明(にしい たかあき)さん 1959年奈良県生まれ。1982年、味の素入社。2004年に当時は不振だった家庭用冷凍食品事業の責任者となり、業績を改善。09年に人事部長に就任し、11年に執行役員人事部長に。13年にブラジル味の素の社長に就任。ラテンアメリカ本部長として南米に駐在。15年に創業家を除き、味の素史上歴代最年少の55歳で代表取締役社長に就任、現在に至っている。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.