日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 毎朝、階段で14階の社長室へ【味の素 西井社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

毎朝、階段で14階の社長室へ【味の素 西井社長】

第1回 仕事中も足腰の筋力維持

 西井孝明=味の素社長

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は食と健康、そしてより良い生活に貢献する、味の素の西井孝明社長にお話を伺っていく。同社は終業時間を午後5時20分から午後4時30分に前倒しするなど働き方改革を進めており、『健康経営優良法人2018』にも認定されている。世界130を超える国と地域にネットワークを拡げるグローバル企業のトップである西井さんは、どのような健康マネジメント術で激務をこなしているのだろうか。1回目は、執務中に行なっている、密かな健康術について聞いた。

 弊社の正式な始業時間は午前8時15分ですが、私は7時前には14階にある自分の部屋に入るようにしています。その時、毎日エレベーターではなく階段で行くようにしています。まあ、(二日酔いの朝以外は)、というカッコ付きですが(笑)。段数にして312段、正直言って少々キツイのは確かで、夏場は結構汗をかきますよ。でも、最低限これくらいは動かないとダメだと思っています。

[画像のクリックで拡大表示]

 社長に就任する前、私はブラジルに単身赴任していました。当時住んでいたアパートの中にはスポーツジムがあり、割と早く帰れた時や週末の休みには、そこで走ったり、泳いだり、トレーニングしたりと体を動かしていたました。ところが、帰国して2015年に社長に就任した後、移動がほぼ100%、社用車になってしまって自分自身で如実に運動不足を感じるようになりました。それにトレーニングに割ける時間もあまりありません。何か運動しようにも、最初は階段を使うことくらいしか思いつかなかったのです。

 もともと弊社では、前社長の頃から「2 Up 4 Down」というキャッチフレーズのもと、2階程度上がる、または4階程度下るのであれば、階段を利用しようということを推奨していました。社長に就任してから2~3カ月すると、これは私が指示したのではないのですが、階段の踊り場には当社のキャラクターであるアジパンダの絵が登場しました。元気が出るメッセージが一緒に書かれています。2 Up 4 Downの一環で、階段の昇り降りが楽しくなるようにと人事部が中心となって設置してくれたのです。

 それまでは何にもない、殺風景な通路を延々と歩いていたのですが、今は楽しくなりましたよ。それに1階から屋上まで、階段には段数が振ってありますから、自分がどれくらいの段数を登ったのかわかるのも励みなります。ちなみに、1階から屋上まで行くと340段になります。

 年齢を重ねると下半身の大きな筋肉を動かして、筋量を維持したほうがいいと言われていますが、僕はこの階段登りのおかげで、以前と変わらない筋肉を維持できているのだと思います。

社長室での執務、立ったままで

 社長室に到着しから1時間くらいは、ゆっくりと自分のための仕事に取り組みます。ミーティングの類は、8時半以降に入れるようにしています。それからは切れ目なしに、いろいろなスケジュールが入ります。

 ただ、社長室にいてパソコンを使っての調べ物やメールの返事などをする時は、すべて立った姿勢でやっています。高さを調整できる台を買ってもらって、パソコンを使う時は、それをひょいと持ち上げて高くするんです。それで立ち上がって仕事をしますから、椅子に座っていることがほとんどないのです。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.