日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 「仕事3割で長く働く」が健康寿命のカギ【ライフネット生命・出口氏】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

「仕事3割で長く働く」が健康寿命のカギ【ライフネット生命・出口氏】

第4回 「ライフ」の時間を大切に

 出口治明=ライフネット生命保険会長兼CEO

一生働けば健康でいられる

 仕事に費やす時間は3割程度と言っても、ほどほどに仕事をすればいいという意味ではありません。仕事は人生の3割程度に過ぎないと分かれば、その分思い切った仕事ができるはずです。なにより、仕事をするからには、全力で取り組んだ方が楽しいですから。全力で楽しく仕事をするために、人生における仕事の比重を理解しておくことが大事だということです。

 前回お話ししたように、今後、800万人もの労働力が不足することになれば、終身雇用や定年といった戦後の日本特有の特殊な労働環境はなくなっていくはずです。ライフとワークのバランスを理解して、生き生きと仕事ができれば、60代、70代になっても元気に生活することができるでしょう。

 人間は、長生きができれば幸せというものでもありません。大切なのは、自分のことは自分でできる、自立して生活できる「健康寿命」を延ばすことです。知人の医師いわく、健康寿命を延ばすためには、働くことが一番だそうです。仕事があれば、朝起きて、服を着替え、ヒゲも剃れば、化粧もする。働くことと健康は、相関するものなのです。

 「出口さんはいくつまで働くつもりですか?」と聞かれることがあります。私はそんなことを考えたことがありません。強いて言えば、朝起きて、会社にいくのがしんどいと感じたときが、辞めどきだと思います。仮に引退する時期を考えたとしても、その前に気力も体力もなくなれば、周りに迷惑をかけることになります。人間も動物ですから、できるだけシンプルに考えるのがいいと思いますね。

[画像のクリックで拡大表示]


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター)

取材を終えて

 この「私のカラダ資本論」の取材を終えたあとは、経営者の健康哲学や健康習慣に触れて刺激を受ける一方で、落ち込むような気持ちになることもある。自分には無理だなと考えたり、何かを始めてみても長続きしなかったりするからだ。

 ところが、どんな質問を投げかけても、ユーモアを交えながらひょうひょうと答える“出口節”を聞いたあとは、温泉から上がったときのような、ほっこりとした心地よさに包まれた。健康で、このような仕事にも恵まれ、時には愚痴をこぼせる友人やパートナーがいることを、改めて幸せなことだと思えた。(田)

出口治明(でぐち・はるあき)氏
ライフネット生命保険会長兼CEO
出口治明(でぐち・はるあき)氏 1948年三重県生まれ。京都大学を卒業後、72年、日本生命保険相互会社に入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当するとともに、生命保険協会の初代財務企画専門委員長として、金融制度改革、保険業法の改正に従事する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て、同社を退職。2006年生命保険準備会社を設立。2008年、生命保険業免許を取得し、ライフネット生命保険を開業。2013年6月より現職。

■出口会長のカラダ資本論
第1回 人生を無駄にして病を引き起こす3つの心持ち
第2回 若い人との交流で刺激を受ける
第3回 置かれた場所で咲けなければ、咲ける場所を探す

■その他の経営者のカラダ資本論
【大和ハウス工業樋口氏】70代でも毎朝、腹筋80回、足の開閉50回
【ベネッセ原田氏】私が60歳目前で運動を始めたワケ
【JINS社長田中氏】2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.