日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 置かれた場所で咲けなければ、咲ける場所を探す【ライフネット生命・出口氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

置かれた場所で咲けなければ、咲ける場所を探す【ライフネット生命・出口氏】

第3回 気兼ねなく上司の悪口を言い、いざとなったら逃げるが勝ち

 出口治明=ライフネット生命保険会長兼CEO

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、ライフネット生命保険・出口治明会長兼CEO(68歳)の第3回目は「仕事と健康」について。「“ブラック職場”や“ブラック上司”で、ひとり気を病むのはそれこそ病のもと」と話す出口氏に、そんな状況の打開策を伺った。

 第1回目で「健康にとって大事なのは、しっかり食べて、よく眠って、楽しく働くこと」だとお話ししました。ビジネスパーソンにとってはもう1つ、大事なことがあります。それは、「上司の悪口を話せること」です。仕事で嫌なことがあっても、気のおけない仲間と美味しいものを食べに行って、上司の悪口を言い合いながら酒を飲んで、帰ってからぐっすり眠れば、また頑張ろうと思えるものです。

 会社という組織の中で全力で楽しく働くには、上司がすべての鍵を握っていると言っても、過言ではありません。不幸にも上司が理不尽な“ブラック上司”だったなら、信頼できる同僚や先輩に話を聞いてもらったり、内部通報制度などを利用するなどして、相談することが大切です。

[画像のクリックで拡大表示]

「置かれた場所で咲きなさい」は必ずしも正しくない

 「置かれた場所で咲きなさい」という考え方がありますが、私は必ずしもこれが正しいとは思いません。置かれた場所で咲くことができればベストです。そこで全力を尽くせばいい。でも、ここでは全力を尽くして働けないと思ったら、咲ける場所を探した方がいいと思います。

 あなたが理想のパートナーと恋に落ちたとします。でも、一緒に暮らし始めてみたら、暴力を振るう人だったとしたら、どうしますか? すぐに家を出た方がいいに決まっています。「置かれた場所で咲かなければいけない」と思って我慢したら、大変なことになります。

 ブラック上司に当たったときも、それと同じことです。理不尽なパワハラやセクハラがひどいときには、声を上げる。それでも改善しなければ、自分が咲ける場所、ベストを尽くして働ける場所を探せばいいのです。それを「上司には逆らえない」「会社にいられなくなったらどうしよう」などと考えて我慢をすれば、やがては心身を病んでしまうかもしれません。

 団塊の世代が定年を迎える近年は働き手が不足していて、2030年になる頃には、最悪の場合、労働力人口が2014年に比べ約800万人減少すると推測されています(※1)。置かれた場所にしがみつかなくても、選り好みさえしなければ、働く選択肢は山のようにあるのです。

※1 労働政策研究・研修機構「平成27年労働力需給の推計」より

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈NEW

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.