日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 人生を無駄にして病を引き起こす3つの心持ち【ライフネット生命・出口氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

人生を無駄にして病を引き起こす3つの心持ち【ライフネット生命・出口氏】

第1回 生物学の本に健康を学ぶ

 出口治明=ライフネット生命保険会長兼CEO

 仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今回はライフネット生命保険の出口治明会長兼CEO(68歳)にご登場いただく。出口氏が考える、健康にとってよくない3つの心持ちとは?

[画像のクリックで拡大表示]

 私は常々、「人・本・旅」が人生を豊かにすると話しています。たくさんの人に会い、たくさんの本を読み、いろいろな場所へ出向いて体験を重ねることで、人はより賢くなれると考えています。私自身は、本の影響が一番大きい。出口治明という人間は、本50%、人25%、旅25%で作られていると思います。

 いろいろな本を読みますが、いわゆる健康管理術のような健康にまつわる本はほとんど読みません。地球上には70億人の人間がいますが、一人ひとり皆、違います。誰にでも通じる健康術などあるはずがないと考えていますから。

 私が特に好きなのは、生物学の本です。そのどれを読んでも「動物にとって一番大事なのは健康」だということが書かれています。例えば、動物は多くのエネルギーをデートに費やしています。つまり、子孫を残すためです。そのためには健康な体が必要です。

ビジネスチャンスをつかむ秘訣は健康維持

 ビジネスパーソンにとって一番大事なのも健康です。とても賢くて優秀な人がいて、その人の能力を100とします。100の能力を持っていても、体調が万全でなければ、そのすべての能力を発揮することはできません。一方、能力は70くらいだったとしても、常に元気でその能力を100%発揮できれば、“優秀だけど不健康な人”を上回ることができるかもしれない。

 大人になれば、能力を飛躍的に伸ばすのは難しいもの。でも、健康はある程度、自分でコントロールすることができます。上司が重要な仕事を誰に任せようかと考えたとき、いくら優秀でも、覇気がなかったり、二日酔いでグタッとしていることが多かったりする人には、安心して頼めません。体調が良くないと、仕事のチャンスも失ってしまうのです。

 これは、ダーウィンの進化論と同じ理屈です。生き残るのは賢い人や強い人ではなく、運を生かして適応できる人なのです。「棚からぼた餅」という言葉がありますが、棚から落ちてきたぼた餅を食べられるのは、たまたま棚のそばにいた人です。つまり、運ですね。でも、それだけでは、ぼた餅を食べることはできません。棚のそばにはほかにも人がいるかもしれない。そこで、落ちてくるときに真っ先に走っていって、口を開ける。そう適応できた人が、ぼた餅を食べられるわけです。

 ビジネスチャンスはいつ巡ってくるか分かりません。運がやってきたときにいつでも走り出せるように、健康をキープしておくことが大切です。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.