日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 40代でマラソンとトライアスロンに挑戦【ニコライ・バーグマン】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

40代でマラソンとトライアスロンに挑戦【ニコライ・バーグマン】

第2回 目標を掲げての挑戦はビジネスにも通じる面白さ

 ニコライ・バーグマン=ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン代表

トライアスロンの泳ぎを専用プールでチェック

 それでもマラソンは、トレーニングするほど結果に結びつくのでやっぱり面白い。最近ではトライアスロンにトライしたいと思うようになって、来年の目標にしようと思っています。自転車を購入して、先日の休みに初めて自転車で15キロ、その後に5キロ走りました。慣れない自転車はやはりきつくて、マラソンではなかったお尻と太ももの前部が筋肉痛になってしまいました。でもトライしてみて、40キロの自転車と10キロのマラソンはなんとかなるという手応えを感じました。

 問題は泳ぎです。泳ぐのはもともと得意ではなく、ジムのプールで練習し始めましたが、ひとりではフォームがよく分からない。そこで五輪競泳金メダリストの北島康介さんが監修する、パーソナルトレーニング専用プール「AQUALAB」で一度フォームを見てもらいました。1人用の流水プールに入って泳ぎ、カメラで撮影したフォームを見ながらトレーナーの指導を受けましたが、客観的に自分のフォームが分かったのはよかったと思います。理想のフォームにはまだまだなので、もう少しトレーニングを積んでまたチェックしてもらいたいですね。波がある海で1.2キロを泳ぎ切るのはさらに大変でしょうし、レースに出場するのは、もう少し時間がかかりそうです。

走りに行かないとストレスに感じるように

 マラソンやトライアスロンのトレーニングに挑戦するようになって、体や精神的なものが変わってきました。走りに行かないと、「あー、今日は走れなかった」とストレスに感じるようになりました。もちろん走りたくない日もありますが、500mだけでも走っておけばよかったなと。走ると気持ちが落ち着くし、リフレッシュになるので仕事の生産性にもつながっているように思います。何よりも、フルマラソンを4時間半で走るというような目標を掲げて目指すことは、ビジネスにも通じるので面白いです。

 今後の課題として、ランニングなどのスピードを上げるためには筋トレが必要だと思っています。マンション内のジムに週1~2回は通いたいですが、まだ面倒な気持ちが抜けきれず、実現できていない。今後はランニングのように、筋トレも日々のルーティーンに組み込めるように習慣化していきたいです。

 次回は、トレーニングした体を回復させるためにも必要な、私の睡眠についてお話しできればと思います。

(まとめ:高島三幸=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【ニコライ・バーグマンさん】

第1回 食べずに働く日本に衝撃を受けた
第2回 40代でマラソンとトライアスロンに挑戦
第3回 カーテンをつけず太陽光で自然に目覚める
ニコライ・バーグマンさん
ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン代表、フラワーアーティスト
ニコライ・バーグマンさん 1976年デンマーク・コペンハーゲン出身。デンマークで花や園芸の専門学校で学んだ後に来日し、埼玉県のフラワーショップで働く。2000年に自身が考案したフラワーボックスが人気となり、フラワーギフトの定番に。現在は、ファッションやデザインの分野で世界有数のブランドと共同デザインプロジェクトを手がけるなど、フラワーデザインの可能性を拡大し続けている。現在、国内外に14店舗のフラワーブティック、国内に2つのカフェとバーガーショップ、ギャラリーを展開。新著に『いい我慢 ~日本で見つけた夢を叶える努力の言葉~』(あさ出版)。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツNEW

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.