日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 60歳でシングルになり、75歳でエイジシュート【大和ハウス樋口会長】

私の「カラダ資本論」

60歳でシングルになり、75歳でエイジシュート【大和ハウス樋口会長】

第3回 ピンポン玉を使い、玄関先でアプローチ

 樋口武男=大和ハウス工業会長・CEO

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、今日は大和ハウス工業の樋口武男会長・CEO(78歳)の第3回目。ゴルフ上達の根っこには、幼い頃のおばあちゃんの教育がありました。

クラブの近くに自宅を建てるほどのゴルフ好き

[画像のクリックで拡大表示]
2015年4月、ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)でのプレー中

 目下の趣味はトレーニングとカラオケとゴルフ。

 今の場所に自宅を建てたのは、メンバーになっているゴルフクラブまで車で7、8分と近いから。今から20年くらい前に新築しましたが、女房や子供の意見は聞いていないよ。息子や娘はね、「ほかにもいいところがあるじゃないですか」と言ったけど、「お前らは好きな所に住んだらええ。おれはゴルフのためにここに住むんや」と譲りませんでした。

 ピーク時、年間80回くらいはプレーしていました。夏に4日連続でやったこともある、若い頃ね。半月板のケガをしてから脚が痛むことがありますが、コースはできるだけ歩くようにしています。ゴルフをやれないくらいに体に不安が出てきたら、経営の第一線にいるべきじゃないと考えています。

 今は1年に60回程度。60歳でシングルになり、70歳まで維持して、75歳でエイジシュートを達成しました。

 ゴルフを始めたのは31歳のとき、最初は160 以上たたきました。ゴルフの腕前を上げる秘訣? 仕事帰りにゴルフ練習場に行って打ち込んだり、上手な人を観察して技術を盗んだりとか、全部独学です。

 あとはね、家の玄関を上がる所に緞通(だんつう、じゅうたんの一種)が敷いてありましてね。そこにピンポン玉を置いて廊下でアプローチの練習をよくしました。ピンポン玉なら、どこに当たっても傷つけへんでしょう。やわらかく打ったり、強く打ったり。

負けん気は強いから、とにかく独学で練習した。
[画像のクリックで拡大表示]

 これを繰り返しひたすら続けたら、寄せワン(グリーンでピン近くにアプローチしたボールを一発でカップインすること)でパーが取れるようになった。

 負けるのが嫌だから、50代後半などはこうして練習に励んでいました。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.