日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > エネルギーの源は、夜の肉400g【大和ハウス樋口会長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

エネルギーの源は、夜の肉400g【大和ハウス樋口会長】

第2回 肉でエネルギー補給しながら体重キープ

 樋口武男=大和ハウス工業会長・CEO

毎日の味噌汁を欠かさないワケ

発酵食品を摂る方法として、残ったのが味噌汁というわけ。
[画像のクリックで拡大表示]

 東京農業大学の小泉(武夫)さんは発酵学が専門でしょ。前に、話をさせてもらったときに、あの先生にええと勧められて以来、味噌汁を欠かさず飲んでいます。

 要は「健康のためには、発酵食品を摂りなさい」ということ。最初に「納豆はどうか」と提案されましたけど、どうにも食べられない。くさやってあるやん、あれもあきません。先生が「大好きです」と言っていたふなずしも大の苦手。「なんぼ体によくても、あの臭いだけは受け付けません」と言ったら、それなら味噌汁がいいとアドバイスされて、最終的に味噌汁に落ち着いたわけです。

 昔はご飯を食べとったんよ。ただ年齢を重ねるにつれて、生活習慣病を防ぐためにも体重を落とさないかんでしょう。食事や運動に気をつかわないと、体重が増えてしまうから。

80代の男盛りに備えて、やせなあきません

 私は1938年、昭和13年4月29日生まれの78歳。まだまだ青春時代です。

 安田財閥を設立した安田善次郎さんが言った言葉を聞いたことがある? 富山市にある「高志の国文学館」を2013年の秋、高円宮妃殿下に随行して視察する機会がありました。そこにね、安田さんが80歳を過ぎたときに友達に宛てて書いた手紙が展示してある。

 それには「五十、六十鼻垂れ小僧 八十、九十男盛り」と書いてあった。とても印象に残ったんですが、なぜか七十代は抜けている。だから僕はその日の夕食会のときにこう言いました。

 「五十、六十、鼻垂れ小僧。八十、九十、男盛り、とあって七十代がなかった。だから私が勝手に命名させてもらいました。七十代は青春時代です」と。妃殿下は「そんなこと言えるの、樋口さんくらいじゃないの」って笑っておられました。

 僕はもうちょっとしたら男盛り、だから今のうちにやせなあきません。いっとき太ってズボンが入らんようになっとったんだけど、この頃ウエストがゆるなってきたんですよ。何が効いとるのか知らんけど。青春時代を謳歌できるように、これからも体重管理に努めます。

(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子/食事中の写真:大亀京助)

■樋口会長のカラダ資本論
第1回 70代でも毎朝、腹筋80回、足の開閉50回

■その他の経営者のカラダ資本論
【ベネッセ原田氏】私が60歳目前で運動を始めたワケ
【JINS社長田中氏】2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

樋口武男(ひぐちたけお)さん
大和ハウス工業会長・CEO
樋口武男(ひぐちたけお)さん 1938年兵庫県生まれ。61年関西学院大学法学部卒業後、鉄鋼商社勤務を経て63年、大和ハウス工業に入社。84年取締役、89年常務、91年専務を経て、93年、債務超過寸前のグループ会社、大和団地社長に就任。経営再建を果たす。2001年大和ハウス工業と大和団地の合併に伴い、大和ハウス工業社長に就任。04年から会長兼 CEO(最高経営責任者)を務める。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.