日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 大事な局面では坐禅で心身を調える【ユーグレナ 出雲社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

大事な局面では坐禅で心身を調える【ユーグレナ 出雲社長】

第3回 オープンイノベーションで人と地球を健康に

 出雲充=ユーグレナ

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は藻類の一種であるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の活用を軸にヘルスケア事業や環境・エネルギー事業などを展開している、ユーグレナの出雲 充社長にお話を伺った。最終回は、「型」の大切さを学んだ坐禅や、「人と地球を健康にする」という大きな夢への取り組みについて語ってもらった。

 前回、自分なりの「型」を持つことを大切にしているとお話ししましたが、それは坐禅から学びました。坐禅では「調身・調息・調心(ちょうしん・ちょうそく・ちょうしん)」を基本とします。まず、姿勢を正して体を調える。次に、呼吸に集中して息を調える。すると、次第に雑念が払われ、心が調う。この型がとても大切なんですね。

 私は2人の師に坐禅を教えていただいています。1人は、山岡鉄舟ゆかりの寺として知られる上野・谷中の臨済宗全生庵の住職、平井正修さん。もう1人は、京都の臨済宗妙心寺退蔵院の副住職、松山大耕さんです。

 突発的に意思決定を求められるようなときには、調身・調息・調心の型を実践して、気持ちを静めてから考えるようにしています。また、決算期の9月末や株主総会のある12月、年度末の3月など節目となる大事な時期には、平常心で迎えられるよう、全生庵か退蔵院のいずれかを訪れて坐禅を組み、心身を調えるようにしています。これも、私が大切にしている「型」の1つですね。

2020年にミドリムシで飛行機を飛ばす

 ユーグレナの経営理念は「人と地球を健康にする」ですが、私自身も「人を健康にする」「地球を健康にする」という2つの大きな夢を実現したいと思っています。あまりにも大きな夢で、実現はできないのでは? と思う方のほうが多いかもしれません。でも、私はここでも1つの型を持って、実行していきたいと思っています。それは、2つのステップを踏むやり方です。

 私たちのようなベンチャー企業の役割は、ゼロから1を生み出すこと。そして、その1のバトンを受け取って100に展開するのは、大手企業や国の役割だと考えています。この役割がうまく機能していないと、革新的なイノーべションは生まれません。私は「人を健康にする」「地球を健康にする」ことにおいて、大手企業や国が「それは面白いからぜひ100に展開しよう!」と思うようなゼロイチを創りたいし、創れると思っています。

 現時点で実現に近づいているのは、「地球を健康にする」という夢のほうです。CO2の削減とエネルギー問題の解決に寄与するミドリムシを原料としたバイオ燃料で、飛行機を飛ばします。まだゼロの段階ですが、2020年には必ず飛ばして、ゼロイチを実現します。今はミドリムシのジェット燃料は、1リットル当たり1万円のコストがかかります。そんなに高いの? と皆さん驚かれますが、ゼロイチの段階ではどうしてもコストはかかります。ただ、1回でも飛べば、そのあとは多くの方に支援していただいて、オープンイノベーションで推進していけば、2025年には1リットル当たり100円にできる道筋が見えています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.