日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 海外出張時は2日前から時差対策【ユーグレナ 出雲社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

海外出張時は2日前から時差対策【ユーグレナ 出雲社長】

第2回 自分なりの「型」を持つ工夫

 出雲充=ユーグレナ

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は藻類の一種であるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の活用を軸にヘルスケア事業や環境・エネルギー事業などを展開している、ユーグレナの出雲社長にお話を伺った。第2回は、海外出張の多い出雲社長が実践している時差対策、ストレスの軽減やモチベーションを維持するための工夫などについて紹介する。

 ユーグレナを創業したきっかけは、大学1年生のときにインターンシップで訪れたバングラデシュで直面した過酷な現実でした。世界一貧しい国といわれるバングラデシュでは、多くの子どもたちが栄養失調で健康に問題を抱えていました。そんな子どもたちを救うために、食料問題を解決したい。その強い思いから解決策を模索するうち、動物と植物の性質をあわせ持つ藻類の一種、ミドリムシを知り、研究を続けたのです。

 バングラデシュには2013年に拠点を設け、2014年には市内の小学校にユーグレナ入りのクッキーを配布する「ユーグレナGENKIプログラム」をスタート。また、バングラデシュ人で初めてノーベル平和賞を受賞されたムハマド・ユヌス博士が率いるグラミングループと共同でグラミンユーグレナを設立し、もやしの原料となる緑豆の栽培や販売を通じて、バングラデシュと日本両国の農業支援や暮らしを改善する「緑豆プロジェクト」などにも取り組んでいます。ですから、バングラデシュに訪れる機会が多くあります。

 そのほかにも、例えば、1月には世界経済フォーラム(ダボス会議)でスイスへ、3月には投資家が集まる大きな会合のため欧州へ、9月には国連総会で米国ニューヨークへ。10月には中東・アジアで開催される国際会議に出席することが多いですね。

 海外出張の機会が多い方は、それぞれに時差対策をお持ちかと思いますが、私の場合は出張の2日前から、現地の時間に合わせて行動するようにしています。海外ではいつも以上に予定が立てこみ忙しくなりますから、到着後すぐに活動できるよう事前に備えるのです。

睡眠を助けるサプリも活用

サプリ「euglena 7days」

 通常は時計の時刻を日本時間にしていますが、出張の2日前には現地の時間と日本時間を表示して、現地の時間に合わせて睡眠や食事を取るようにします。例えば、米国など東へ行く場合は、就寝と起床時間を早寝・早起きにする。欧州など西へ行く場合は逆に、夜更かしをして、起床時間も遅らせます。

 それでも睡眠のコントロールが難しいときには、サプリメントで調整しています。ユーグレナには睡眠を助けるサプリ「euglena 7days 出張旅行」がありまして(笑)。有効成分にはユーグレナとテアニンが含まれています。テアニンは緑茶などに含まれるアミノ酸の一種で、睡眠の質の向上やリラックス作用が期待できます。私は寝つきや目覚めが良くなる実感がありますね。時差で眠りのリズムが崩れがちな人におすすめです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.