日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > ドライバーの飛距離ダウンは仕事よりストレス【ミズノ 水野社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

ドライバーの飛距離ダウンは仕事よりストレス【ミズノ 水野社長】

大阪マラソンのチャレンジランは6年連続で完走

 水野明人=ミズノ社長

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康管理術を紹介する本コラム。今回は、大手スポーツ用品メーカーであるミズノの水野明人社長にご登場いただく。スポーツを通して人々の健康に貢献するミズノは、2016年には社内向けに『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』にも選定されている。体育会バスケットボール部出身の水野さんは、毎朝の筋トレに加えて、週末のゴルフや時にはマラソンとスポーツ三昧の日々を楽しむ。2回目はゴルフやマラソンを楽しむ秘訣について聞いた。

 意外に思われるかもしれませんが、仕事でストレスを感じることはありませんね(笑)。社会奉仕を目的とする「ロータリークラブ」に入っていて、もう30年ほど毎月、会合に通っています。そこである講演の講師から「この中にストレスを感じない人はいますか」と聞かれて、私を含めて半分くらいが手を上げたんです。そうしたら「そういう人たちが周りにストレスをまいているんです」と厳しい指摘を受けました。「そうか、自分が相手にストレスを感じさせていたんか」と反省しましたね(笑)。

[画像のクリックで拡大表示]

 実際は仕事でストレスをためないために、最初から最悪の事態を想定して事業計画を立てるようにしています。最初から一番良いシナリオを想定してしまうと、思う通りにならなくなった時にストレスになる。そこで最悪の事態よりもマシだったら、まあ良しとする。最悪なのは会社が潰れることですが、そこまで行かないのであれば、何とかなるだろうと。逆に急成長は求めず、少しずつ業績が積み上がっている状態がベストと考えます。日経グループでは取り上げにくい会社かもしれませんね(笑)。

仕事よりゴルフの不調がストレスに

 それよりも、趣味のゴルフでうまくいかないほうがストレスになっているかもしれません(笑)。学生時代からちょこちょこやっていましたから、もう始めてから45年以上になります。スポーツイベントなどに出席しなければいけない時以外の土日は、ほとんどゴルフに行っていますね。年間100日はプレーしているはずです。

 ストレスになるのは、以前はできていたことが年々できなくなってくることです。例えば、2~3年前と同じ感覚でドライバーを打ったのに、当時よりずっと手前でボールが止まっていると、体力の低下を感じてストレスがたまりますね。自社の最も優れたクラブセットを使っても、年々飛距離が落ちてくるのだけはカバーできませんよ(笑)。

 ゴルフのためのトレーニングは特にしていないのですが、衰えをできるだけ少なくするために、前回お話ししたスクワットとカーフレイズを毎朝実践しています。それでも飛距離が伸びることはありませんが、それをアプローチやパットでカバーできた時には爽快な気分になります。

 ゴルフはたまに仕事の付き合いで行くこともありますが、友達や知り合いと仕事には関係ないことを喋りながら、自然の中を歩くことがリフレッシュになります。休みの日に家でゆっくりすることはありませんね。今年は雪で何日か中止になりましたが、家でぼーっとしていると、「一体、一日何をしていたんだろう」と考えてしまいます。

 今年は白内障の手術をして、医者から1カ月のゴルフ禁止を言い渡されました。特に天気のいい季節ですから、家にいてだんだん日が暮れてくると、何だか寂しい気持ちになっていましたね。私にとってのゴルフは、心と体の健康を維持するため、最大の栄養素と運動になっていることを実感しました。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.