日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】  > 2ページ目

私の「カラダ資本論」

筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】

第1回 森光子さんがライバル!

 水野明人=ミズノ社長

朝の運動と食事の調整で30年同じ体重を維持

 40代の前半には、スポーツジムの会員になっていたこともありました。当時、入会金が確か10万円で、年会費が7万2000円だったと記憶しています。それなりの料金がかかりますが、実際にジムへ行けたのは1年目が11回、2年目は2回、3年目はついに一度も行かなくなってしまいました。3年間で40万円近い出費で、行った回数で割ると1回当たり3万円以上かけていることになる。スポーツ用品を売っているメーカーの人間が言うのも何ですが、なんだか無駄に思えてしまいました(笑)。今では、自宅で手軽にできるスクワットとカーフレイズだけを続けています。

 健康管理の面では、食事はできるだけ野菜から食べるようにしています。もう高齢なので、たんぱく質も積極的にとって、筋肉量を保つように心掛けています。好き嫌いはないほうですが、ホルモン類の肉は苦手で、2月の平昌五輪で韓国へ行った際にも食べませんでした。やっぱり一般的な魚や肉がいいですよ。会食や海外出張に行くと、どうしてもおいしいものがたくさんある。食事を残すことには罪悪感を覚える世代なので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。その場合は、後日に少し食べる量を減らして調整します。また、お酒は飲めない体質です。このような、ちょっとした食事の工夫と朝の運動で、身長169cm、体重75kgの体型を30年くらい維持しています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

水野明人(みずの あきと)さん
ミズノ 社長
水野明人(みずの あきと)さん 1949年兵庫県生まれ。関西学院大学から米国イリノイ州ウエスレイアン大学に留学し、1974年に同大学経営学部卒業。75年ミズノ入社。76年に関西学院大学商学部卒業。大学2年時、6名のチームで関西学生バスケットボール新人戦に挑み、多人数のチームを破って決勝進出。決勝戦では強豪の同志社大学に敗れたが、一致団結したチームワークで準優勝。84年に取締役就任。2006年に56歳で代表取締役社長に就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.