日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

筋肉質体型を30年維持、その秘訣は?【ミズノ 水野社長】

第1回 森光子さんがライバル!

 水野明人=ミズノ社長

朝の運動と食事の調整で30年同じ体重を維持

 40代の前半には、スポーツジムの会員になっていたこともありました。当時、入会金が確か10万円で、年会費が7万2000円だったと記憶しています。それなりの料金がかかりますが、実際にジムへ行けたのは1年目が11回、2年目は2回、3年目はついに一度も行かなくなってしまいました。3年間で40万円近い出費で、行った回数で割ると1回当たり3万円以上かけていることになる。スポーツ用品を売っているメーカーの人間が言うのも何ですが、なんだか無駄に思えてしまいました(笑)。今では、自宅で手軽にできるスクワットとカーフレイズだけを続けています。

 健康管理の面では、食事はできるだけ野菜から食べるようにしています。もう高齢なので、たんぱく質も積極的にとって、筋肉量を保つように心掛けています。好き嫌いはないほうですが、ホルモン類の肉は苦手で、2月の平昌五輪で韓国へ行った際にも食べませんでした。やっぱり一般的な魚や肉がいいですよ。会食や海外出張に行くと、どうしてもおいしいものがたくさんある。食事を残すことには罪悪感を覚える世代なので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。その場合は、後日に少し食べる量を減らして調整します。また、お酒は飲めない体質です。このような、ちょっとした食事の工夫と朝の運動で、身長169cm、体重75kgの体型を30年くらい維持しています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/インタビュー写真:村田わかな)

水野明人(みずの あきと)さん
ミズノ 社長
水野明人(みずの あきと)さん 1949年兵庫県生まれ。関西学院大学から米国イリノイ州ウエスレイアン大学に留学し、1974年に同大学経営学部卒業。75年ミズノ入社。76年に関西学院大学商学部卒業。大学2年時、6名のチームで関西学生バスケットボール新人戦に挑み、多人数のチームを破って決勝進出。決勝戦では強豪の同志社大学に敗れたが、一致団結したチームワークで準優勝。84年に取締役就任。2006年に56歳で代表取締役社長に就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.