日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 蓼科山の大パノラマで登山に開眼【青島健太さん】  > 3ページ目

私の「カラダ資本論」

蓼科山の大パノラマで登山に開眼【青島健太さん】

「わざわざ苦労して何が面白いの?」が一変

 青島健太=スポーツライター、キャスター

山は人を謙虚にさせる

 登山はよく、人生や仕事などに例えられることがあります。様々な困難を乗り越えながら山頂にたどり着けば、報われる瞬間が待っている。確かに、自分もそう感じる部分はありますが、あまり難しく考えてしまうと、山の魅力が色あせてしまうような気もします。本当はただ純粋に、自分の身体を使って、最後まで諦めずにたどり着いた達成感や喜びに感動し、自分という存在を自覚する。生きていることを実感する。その快感が、下山した瞬間に、次なる山への想いを駆り立てるんですね。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.