日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 逃げてはいけないストレスが成長させてくれる【秦アンディ英之氏】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

逃げてはいけないストレスが成長させてくれる【秦アンディ英之氏】

第3回 現役引退試合のスタジアム風景を忘れない

 秦アンディ英之=ONE Championship

現役引退試合のスタジアム風景がストレスをエネルギーに変換する原動力

 そのきっかけになっているのが、先ほど言った、チームが日本一になったライスボウルにあります。正直言って、まだまだ続けられる年齢でした。現役の良い部分は、生モノでありこれから成熟して、ベテランに登っていく段階です。そのときは、ここまでやれば日本一になれるんだ、逆に、ここまでやらないと日本一にはなれないんだという気持ちが交錯していました。そのリミッターが両方とも外れてしまった感じだったんです。

 話は前後しますが、ライスボウルはそれまで毎年、満員のお客さんが入っていたんですが、なぜかその年はガラガラ。半分くらいしか入っていないんです。その頃はいろいろなエンターテインメントが広がったり、アマチュアスポーツ、特に企業スポーツのチームがなくなったりしていました。たぶん、運営側の基盤が弱くなっていたんです。スポーツビジネス業界では危機感を持ち始めていた時代でした。

 ソニーに入ってから一緒に多くの仕事をしたのは、モノ作りのエンジニアの人々でした。彼らの製品開発への情熱って、すごいんですよ。そんな情熱を注げる仕事をしたいと思っていたんです。スポーツで育ってきた自分にとっては、将来やりたい事業というのは、やっぱりスポーツ。ただビジネスとして語る以上は、現場も知らず、業界も知らずに飛び込んで行くのは怖いなと思って、実は現役を続けているかたわら、スポーツビジネスに興味を持っている人たちのサロンのようなものを始めていたんです。

 前置きが長くなってしまいましたが、スタジアムのスタンドを見上げたときに、「選手がこれだけ頑張っているのに、ご褒美がこんなことでは一番寂しいパターンだな」と感じたんです。これから上がってくる若い世代のスポーツ選手たちに夢や希望を与えるにためには、日本のはスポーツ産業の基盤が弱すぎる、自分がしっかり作り上げたいという思いが強くなりました。そこで、後の夢は同期のうまい選手たちに託し、自分は裏方に回ってスポーツ界を盛り上げたいと引退を決めたんです。本音は、実はもう1年やりたかったんですけどね(笑)。

 子供のときから大好きで続けてきて、それなりの場所までたどり着けたスポーツを捨てる行為は、正直言って重たい決断でした。ただ、それくらいの決意で現役を引退したんで、今ではその部分が誰にも否定できない原動力になっているんです。

 ですから、どんな壁にぶつかっても、自分の中では「そんな軽い気持ちで辞めたっけ?」となるんです。なぜなら、一生戻ってこない時間を犠牲にしてるので、後悔とかいう次元ではなく、それだけ思いを込めて今の仕事をやっているから、ストレスやプレッシャーを前向きのエネルギーに変えられる原動力になっていると思います。

 僕がワン・チャンピオンシップに移ったときに「何で?」「大丈夫?」と言われたと言いましたが、まだ日本には格闘技とスポーツに一線を引くような雰囲気があります。しかし全世界に潜在的視聴者27億人のワン・チャンピオンシップには、その垣根をなくすノウハウやパワーがあり、それを日本のスポーツビジネス界が学べば、これからもっと発展していけると考えています。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【ONE championship日本代表取締役社長】

第1回 飛行機の中での映画と睡眠が「脳の健康」を保つ
第2回 格闘技を始めて選手たちのマインドも理解していきたい
第3回 逃げてはいけないストレスが成長させてくれる
秦アンディ英之(はた アンディ ひでゆき)さん
ONE championship日本代表取締役社長
秦アンディ英之(はた アンディ ひでゆき)さん 1972年生まれ。少年時代は日本とアメリカを行き来する生活を送る。日本の高校を卒業後、明治大学法学部に入学。同時にアメリカンフットボール部に所属して活躍。東西学生オールスター戦の関東代表選手にも選出された。1996年、大学卒業後にソニー入社。同時に母校のコーチを1年間務めた。1997年からはソニー勤務と並行して、社会人アメリカンフットボールの名門、アサヒビールシルバースターに入団し、社会人選手権や、大学優勝校と戦って日本一を決めるライスボウル(日本選手権)で優勝。1999年、26歳で現役を引退。ソニーでは、FIFAとサッカーW杯の2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会でのパートナーシップや全世界を束ねる広告戦略などを担当。2013年にスポーツ専門の調査コンサルティング会社、ニールセンスポーツの日本法人および北アジア地域代表に就任。2018年12月、ONE Championship日本代表取締役社長に就任。2020年2月、Jリーグ特任理事にも就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.