日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 健康にはゴルフと読書。趣味も「マンダラチャート」で真剣に  > 3ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

健康にはゴルフと読書。趣味も「マンダラチャート」で真剣に

リーダーシップコンサルティング岩田社長 第3回

 岩田 松雄=リーダーシップコンサルティング社長

心身の健康あってこそ素晴らしい人生に

 先日、ある大手企業の選抜された管理職を対象に「幹部職員研修」を実施したのですが、ちょっと驚いたことがありました。この研修の総括の時間には、受講者全員に今後の決意を表明してもらっています。そこである参加者が、「研修はとても刺激になりました。私は今後、毎月1冊はビジネス書を読んで勉強します」と発表したのです。

 毎月5冊とか毎週1冊ならまだしも、毎月1冊とは…。私はその場で思わず、「大手企業の選ばれし管理職が、ビジネス書を月に1冊も読んでいないなんて情けない!」と厳しいコメントをしました。有名大学を出て、難関をくぐり抜けて入社した優秀な人が、20年30年たつと全く「ただの人」になってしまっている。人事の担当役員に「選抜方法を見直したほうがよいのでは」と苦言を呈してしまいました。

 1日に数十分でも1時間でも、心を落ち着かせて本を読む時間を作って、ぜひ「徳」や「才」を高める努力をしてほしいと思います。そのためにも、飲み会、特に2次会などはほどほどにして、規律ある生活を送ることが大切だと思います。

 私の座右の銘は、激動の幕末に活躍した高杉晋作の辞世の句「おもしろき こともなき世を おもしろく」。もう1つは、『かもめのジョナサン』の著者として知られるリチャード・バックの「たいへんだったが、しかしすばらしかったといえる人生を送りたい」です。人生を面白いもの、素晴らしいものにしていくのは、結局、自分自身なんですよね。波瀾(はらん)万丈の楽しい人生を送るには、心身の健康あってこそだと思います。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

岩田松雄(いわた まつお)さん
リーダーシップコンサルティング 社長
岩田松雄(いわた まつお)さん 1958年生まれ。大阪大学経済学部卒業後、日産自動車入社。製造現場、営業、財務などを幅広く経験し、UCLAアンダーソンスクールに留学。外資系コンサルティング会社の日本コカ・コーラビバレッジサービス常務などを経て、2000年ゲーム会社のアトラス社長、2005年「ザ・ボディショップ」を運営するイオンフォレスト社長に就任。2009年スターバックス コーヒー ジャパンCEOに就任し、「100年後も光り輝くブランド」を掲げて業績を向上、2010年度には過去最高売上を達成した。2010年UCLAビジネススクールより全卒業生3万7000人から「100 Inspirational Alumni」に選出される(日本人は4名)。2011年リーダーシップコンサルティングを設立し、現在は次世代のリーダー育成に注力している。『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』(サンマーク)、『ミッション 元スターバックスCEOが教える働く理由』(アスコム)、『いつ、どこでも求められる人』の仕事の流儀』(三笠書房)など著書多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.