日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 格闘技を始めて選手たちのマインドも理解していきたい【秦アンディ英之氏】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

格闘技を始めて選手たちのマインドも理解していきたい【秦アンディ英之氏】

第2回 始めるなら中途半端は嫌。徹底して突き詰める

 秦アンディ英之=ONE Championship

ワン・チャンピオンシップに所属する選手たちと

少ない休みの中で運動時間を確保するのが今年の改革

 前にも少し言いましたが、現在は本当に365日仕事をしているような状態です。スポーツのイベントは週末が多いし、ウイークデーはその準備や打ち合わせです。どちらかというと、仕事が趣味のようになっています。今までスポーツの分野で育ってきたので、それもあまり苦ではないのですが、自分で運動するとなると、遊び感覚ではゴルフなどにいきますが、まとまった時間を取ることができないのが現状なんです。

 年間で休みといえば10日あればいいほうですね。たまたま1日何もしなくていい日があれば、最近は景色を眺めながら考え事をして、2時間くらいウォーキングをしているんです。そんな時に仕事上の問題の解決策や、新しい発想が生まれることもありますね。

 そういう意味では、今年はもっと運動できる時間、日数を作っていくというのが、僕の中で変革しなければいけない部分で、新たなミッションになっていますね。以前に出張先のシンガポールでは少しムエタイを習ったりしていたので、それは楽しかったですね。わりと僕は攻撃的な性格なので。今はうちに所属している総合格闘技選手のジムで、キックボクシングを始めようと思っています。

 実は僕がアメリカで通っていた高校というのが、レスリングも強かったんです。僕はアメフトでしたが、彼らを見ていて「やってみたいな」という気持ちも強かったんです。しかし、アメリカの部活はシーズン制で、レスリングは冬場が本番。僕はその時期は筋トレをすると決めていたんで、入らなかったんです。

 そんなマインドがあるので、これからジムに入って格闘技を始めたいんです。キックから寝技までを実践してみたい。アメフトと格闘技は似ているところがありますからね。強いチームというのは、まず、個が優れた選手が多い。それが集まって連携するから良いプレーができます。格闘技もそこは全く変わりません。アメフトで言えば、タックルするマインドとか、仕掛けなども同じです。この人に対して、どうすれば当たり負けしないか、どうすれば攻撃をかわせるかと考えるところです。

 ここ数年運動をしてこなかったのは、これは僕の性格のいけないところかもしれないんですが、始めるなら中途半端は嫌なんです。徹底して突き詰めていかないと気が済まない。だから今まで、なかなか新しい分野の運動を始められなかったんです(笑)。しかし、今年こそは頭で理解するだけではなく、自分が代表を務めている以上、実際に格闘技を体感して、より深いところを探って行きたいと思っています。

 次回は、新しいスポーツビジネスを運営するにあたって感じるストレスについて伺います。

(まとめ:松尾直俊=フィットネスライター/写真:村田わかな)

私の「カラダ資本論」【ONE championship日本代表取締役社長】

第1回 飛行機の中での映画と睡眠が「脳の健康」を保つ
第2回 格闘技を始めて選手たちのマインドも理解していきたい
第3回 逃げてはいけないストレスが成長させてくれる
秦アンディ英之(はた アンディ ひでゆき)さん
ONE championship日本代表取締役社長
秦アンディ英之(はた アンディ ひでゆき)さん 1972年生まれ。少年時代は日本とアメリカを行き来する生活を送る。日本の高校を卒業後、明治大学法学部に入学。同時にアメリカンフットボール部に所属して活躍。東西学生オールスター戦の関東代表選手にも選出された。1996年、大学卒業後にソニー入社。同時に母校のコーチを1年間務めた。1997年からはソニー勤務と並行して、社会人アメリカンフットボールの名門、アサヒビールシルバースターに入団し、社会人選手権や、大学優勝校と戦って日本一を決めるライスボウル(日本選手権)で優勝。1999年、26歳で現役を引退。ソニーでは、FIFAとサッカーW杯の2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会でのパートナーシップや全世界を束ねる広告戦略などを担当。2013年にスポーツ専門の調査コンサルティング会社、ニールセンスポーツの日本法人および北アジア地域代表に就任。2018年12月、ONE Championship日本代表取締役社長に就任。2020年2月、Jリーグ特任理事にも就任。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.