日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > スターバックスCEO時代もコーヒーは午後3時まで  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

スターバックスCEO時代もコーヒーは午後3時まで

リーダーシップコンサルティング岩田社長 第2回

 岩田 松雄=リーダーシップコンサルティング社長

来客にはコーヒーを、自分には密かに白湯を

 また、その日のうちの午前0時までに就寝することも、自分の中でのルールにしています。午前0時までに眠りに就くのと、0時を過ぎてから寝るのとでは、翌日の体調、特に頭のキレが全く違うことを経験的に感じています。

[画像のクリックで拡大表示]

 午前0時までに眠るために、「コーヒーを飲むのは午後3時まで」というルールを決めています。これもやはり経験的に、午後3時以降にコーヒーを飲んだ日は、どうも寝つきが悪くて眠れない。不思議なことに、紅茶や緑茶を飲んでも問題はないのです。人には「思い込みでは?」と言われることもありますが、私は絶対に眠れません。ですからコーヒーは大好きですが、午後3時以降は飲まないことに決めています。

 とはいえ、コーヒーを提供するスターバックス コーヒー ジャパンのCEO時代には、来客があるとコーヒーを出しますから、自分だけ飲まないわけにもいきません。そこでどうしていたかというと、秘書さんにお願いして、自分の分はマグカップに白湯を入れて出してもらっていました。これなら、お客様のほうも気になりませんからね(笑)。

過度の飲酒は生活の規律を乱す

 夜にお酒を飲むことはほとんどありません。もともとお酒に弱い体質ということもありますが、たまに晩酌をすると酔ってつい、うたた寝をしてしまいます。すると夜中に目が覚めて、寝ようとしても目がさえて眠れなくなる。翌日にも眠気が残ってボーとなってしまい、非常に生産性の低い1日になるんですね。おまけに、その夜はお酒を飲まなくても、早い時間にソファーでまたうたた寝したりと、生活のリズムがしばらく狂ってしまいます。

 自分が知っている限り、海外ではアフター5の時間は家族を大切にする文化があるので、夜にお酒を飲むような仕事上の接待はほとんどありません。一方、日本の企業やビジネスパーソンは、接待や飲み会など飲酒の機会がとても多い。「まあとりあえず一杯やりますか」という雰囲気ですね。海外のビジネスパーソンからしてみると、アルコール依存症を疑われてもおかしくないかもしれません(笑)。

 私もたまには飲みますし、お酒のおいしさも分かります。全く飲むなとは言いませんが、連日のように飲み屋をハシゴして、就寝時間が遅くなったり、二日酔いになったりといった飲み方は、やはり改めたほうがいいと思います。深酒や喫煙といった好ましくない習慣は誰しも悪いと分かっているのだから、自分で律してやめることは、健康を維持し、仕事で良いパフォーマンスを発揮するためにも大切なことだと思います。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.