日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 運動はいくつで始めても遅くない!【ベネッセ原田氏】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

運動はいくつで始めても遅くない!【ベネッセ原田氏】

第4回 ランナーにおすすめしたい「5拍子」の呼吸法

 原田泳幸=ベネッセホールディングス会長兼社長

運動を続ける一番の理由とは

運動は脳の活性化に欠かせないと実感しています。写真は、2013年の宮崎シーガイアトライアスロンより。
[画像のクリックで拡大表示]

 運動をするようになって、私の寿命は数十年延びたと感じています。以前はパーティーなどに招かれた際に、立ったまま挨拶を聞いているとすぐに足が痛くなったものでしたが、今では立ち通しでも疲れません。また、50代半ばに膝が痛んで正座ができなくなったとき、整形外科の医師には「加齢で関節の隙間が狭くなっているので、つきあっていくしかない」と言われましたが、運動をして筋力をつけることで改善しました。

 私が30歳のとき、久しぶりに会った父親の背中が曲がって小さく見えて、「親父も年を取ったな」と感じてショックだったことを覚えています。でも、今にして思えば、父は当時まだ60歳だったんですよね。同窓会に出ても「同じ年齢なのに老けているな」と感じる人もいる。自分が67歳の実年齢より、肉体的にも、精神的にも若いと感じられるのは、やはり運動をしているおかげだと思います。

 何のために運動をするのかと聞かれれば、こうした成果はもちろんですが、一番は脳の活性化のためですね。年齢を重ねてくるとどうしても、経営の仕事で重要なスピード感や集中力が落ちてきます。しかし、運動を続けることで肉体的にも、精神的にも元気になって、自分に自信が持てるようになると、仕事に対するエネルギーも満ちてきて、脳もしっかり働くようになります。逆に運動をしなければ、どんどん衰えていってしまうでしょう。

 昨年は日々の運動に加えて、2月には東京マラソン、7月には宮崎シーガイアトライアスロン、11月にはおかやまマラソンに出場しました。その度に新しい発見や学びがあります。私は60歳を目前にして運動を始めましたが、もっと若い頃から始めていればと感じます。でも、運動はいつからでも始められますし、筋力はいくつになっても鍛えられます。経営者はもちろんのこと、健康で長く仕事を続けたいというビジネスパーソンには、1日でも早く運動を習慣にしてほしい。心からそう思いますね。


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター)

取材を終えて

 原田さんはこれまで、十数冊の著書を上梓しているが、そのほとんどは依頼を受けて書くことになった、経営論などのビジネスに関するものだ。しかし、自身の体験的身体哲学とビジネス論を綴った『ストイックなんて無用だ』(ポプラ新書)という著書だけは、自ら出版社に企画を売り込んだという。

 本書には原田さんが運動を始めることになったきっかけや、60代でフルマラソン、トライアスロンにチャレンジするまでの道のり、そうした経験を通じて得られた知識やノウハウが語られている。そこには「運動の素晴らしさを伝えたい」という、原田さんの熱い想いが溢れている。

 今回の取材でも、多忙で限られた時間の中、ここでは紹介しきれないほどの様々なエピソードを語ってくださった。原田さんのような強い意志を持つことはなかなか難しいかもしれないが、それでも「最初からストイックになる必要はない。成果が次へのモチベーションになって、ストイックになっていく」という話には共感した。(田)

■原田会長のカラダ資本論
第1回 私が60歳目前で運動を始めたワケ
第2回 トライアスロンに取り組む経営者が多い理由
第3回 健康維持には時間とお金の投資が必要
第4回 運動はいくつで始めても遅くない!

■その他の経営者のカラダ資本論
【JINS社長田中氏】2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

原田泳幸(はらだ えいこう)さん
ベネッセホールディングス 会長兼社長
原田泳幸(はらだ えいこう)さん 1948年長崎県生まれ。東海大学工学部卒業。72年エンジニアとして日本NCRに入社。その後、80年横河・ヒューレット・パッカード(現日本HP)、83年シュルンベルジェグループ取締役を経て、90年アップルコンピュータジャパン(現アップルジャパン)へ移り、97年社長就任。2004年同社社長から日本マクドナルド社長へ転身。05年会長を兼任。2014年よりベネッセホールディングス代表取締役会長兼社長に。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.