日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > トライアスロンに取り組む経営者が多い理由【ベネッセ原田氏】
印刷

私の「カラダ資本論」

トライアスロンに取り組む経営者が多い理由【ベネッセ原田氏】

第2回 62歳でマラソン、64歳でトライアスロンに初挑戦

 原田泳幸=ベネッセホールディングス会長兼社長

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、ベネッセホールディングス会長兼社長の原田泳幸氏(67歳)の第2回目は、60歳目前で一念発起して運動を始めた原田さんのその後について。なんと62歳でマラソン、64歳でトライアスロンにも挑戦し始めたという。マラソンやトライアスロンの魅力は一体何なのか?

2013年には、64歳でトライアスロンレースにもチャレンジ。写真はその年の宮崎シーガイアトライアスロンでの様子。(©YUTAKA/アフロスポーツ)
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年の7月にウオーキングを始め、9月に自転車に乗るようになり、体力がついてきた2009年の夏頃には、ジョギングも始めました。とはいえ、最初は走っては歩きを繰り返し、だんだんと走る距離を伸ばしていくという感じでした。当初はまだたるんでいたお尻の肉が、走るたびにぶるんぶるんと揺れてしまい、とても恥ずかしかったのを覚えています(笑)。

 ジョギングも毎日休まずに続け、1年ほど経った頃には、ようやく2kmは続けて走れるようになっていました。そこで私は「東京マラソンに出る」と、大口を叩きました。東京マラソンは人気の高いレースで、出場するには抽選で十倍以上の倍率があると知ってのことで、冗談半分のつもりでした。内心では絶対に当たるはずはないと思っていて、結果は予想通りにはずれました。

 その後、とあるパーティーでスピーチをする機会があり、私は「東京マラソンを走ろうと思ったのですが、抽選ではずれてしまい、安心しました」とジョークの挨拶をしたんですね。するとそこに、日本陸上競技連盟の方がいらして、「原田さん、大丈夫ですよ。次の大会から10万円支払えば出場できるチャリティ枠ができますから」と言われたのです。それでもう、引っ込みがつかなくなってしまいました(笑)。それが2010年10月のことです。

 2011年2月末に開催される東京マラソンを走ることになり、本番までの約4カ月間は、毎日必死で10km走りました。相当なプレッシャーでしたが、大会当日には、無事に完走することができました。62歳で初めて走ったフルマラソン大会でのタイムは4時間16分と、我ながらなかなかのものでした。

 以来、5年連続で東京マラソンに出場し、6年目の今年も走ります(注:取材は大会前の2016年1月に実施)。ベストタイムは4時間2分、遅かったときで4時間53分です。最近はタイムは気にせず、楽しく完走できればと思っていますが、とはいっても、4時間15分は目指したいところですね(2月28日に開催された東京マラソン、記録は4時間38分だった)。

今年の東京マラソンにて。
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.