日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > ダイエットで体形が変わり、タバコと決別【シニフィアン 小林共同代表】
印刷

私の「カラダ資本論」

ダイエットで体形が変わり、タバコと決別【シニフィアン 小林共同代表】

第2回 私生活では学生時代に打ち込んだフルートを再開

 小林賢治=シニフィアン

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、未上場スタートアップや新興上場企業に対する経営支援事業などを手がける、シニフィアン共同代表の小林賢治氏にお話を伺っている。ディー・エヌ・エー(DeNA)の役員時代、多忙で急激に太ってしまったという小林さん。起業後、一念発起してダイエットを決行し、20kg近い減量に成功するまでのエピソードを、第1回で紹介した。第2回では、ダイエット後の体形や喫煙習慣の変化、十数年ぶりに再開したというフルート演奏について聞いた。

 前回、シニフィアンの「経営リスク」として私のダイエットに取り組み、20kg近い減量に成功したことをお話ししました。それから2年少し経ちますが、今でもリバウンドすることなく、65kg前後のベスト体重を維持しています。

 ダイエットに成功した頃、ジムのトレーナーに減量した分と同じ重さのダンベルを渡されて、「小林さん、この重さが体についていたんですよ」と言われたときには、こんなに体が軽くなったんだなと実感したのを覚えています。

スリムになってファッションを楽しめるように

 体重が20kg近くも減ると、体形もかなり変わります。80kg以上あった頃に、百貨店でオーダーメードのスーツを作っていたのですが、痩せたらサイズが全く合わなくなったので、新調しに行ったんですね。そうしたら、店員さんが採寸しながらものすごく驚かれて、「本当に以前と同じ方ですか?」と、何度も確認されてしまいました(笑)。

 体形がどれくらい変わったかというと、ウエストが19cm細くなって、腕の付け根周りのアームホールも6cm小さくなっていました。それから自分でも驚いたのですが、襟の中央から袖口までのゆき丈も3cm短くなっていたんです。腕の長さは変わらないはずなのに、肩の辺りのぜい肉がスッキリしたので、その分が縮まったんですね。

 久しぶりに会う知人には気づかれずに素通りされることもあり、それくらい見た目も変わったようです。写真を見比べていただくと分かるでしょうか。

 太っていた頃は、着るものに無頓着でした。というのも、デザインが好みかどうかという前に、とりあえずサイズが合えばいいという感じで選ぶしかなかったんですね。左の写真は82kgあった頃ですが、カーディガンの袖が長くなっているのは、ワンサイズ大きなものでないと、身頃が入らなかったからなんです。

 右の写真はダイエットを始めて6カ月後、68kgくらいのときですが、サイズを気にせず好きな洋服を着られるようになり、メガネをコンタクトレンズに替えるなど、ファッションを楽しめるようになりました。おかげで、以前は実年齢よりも5~10歳上に見られることが多かったのですが、若く見られるようになりましたね。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.