日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 社員の「幸せ≒健康」を徹底追求【ベンチャーバンク 佐伯信行社長兼CEO】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

社員の「幸せ≒健康」を徹底追求【ベンチャーバンク 佐伯信行社長兼CEO】

第3回 幸せは健康と密接に関わるもの

 佐伯信行=ベンチャーバンク

就業時間中に運動を推奨

 ベンチャーバンクでは「幸せ≒健康」と定義していることから、社員の健康保持・増進のためのさまざまな施策を実施してきました。感謝プロジェクトや幸福度調査もその一環です。 2018年からは「CHO(Chief Happiness-Incubation Officer)室」を設置して、その取り組みを戦略的に推進していく体制を整えました。CHO室長は、私が自ら務めています。

 CHO室を立ち上げてから実施している特徴的な施策の1つに「Cheer-Up(チアアップ)制度」があります。これは社員の運動機会の創出を目的としたもので、「ホットヨガスタジオLAVA(ラヴァ)」「jump one(ジャンプワン)」など、ベンチャーバンクグループが運営するブランドのサービスを、就業時間中に年4回まで無料で利用できる制度です。この制度で自分に合ったサービスを見つけたあとは、社員割引制度を利用して継続して通うことができます。この制度は、運動を習慣づけることを推奨しても、仕事のあとは疲れてしまってなかなか難しい。就業時間内にサービスを利用できたらいいという社員の声を生かしました。

 また、ランチタイムに月に1度、任意で参加できるヘルシーランチ付きのセミナーを実施しています。「健康情報局セミナー」では食・運動・休息などのテーマが、「メディカルサポートセミナー」ではがんに関する知識が学べます。

 本社の青山オフィスには、グループ会社が運営するカフェ「FEEL & FOODS(フィール・アンド・フーズ)」があり、社員証を提示すれば半額で利用できます。このカフェの食材はすべて有機栽培で、化学調味料や食品添加物は不使用のメニューとなっていて、動物性の食材は使用しないヴィーガン対応のものもあります。私もランチでよく利用しています。

事業拡大はあくまで結果

 ベンチャーバンクが社員の幸せと健康を追求しているのは、社員の幸せと健康が具現化できれば、その社員が生み出すブランドやサービスは必ず世の中に受け入れられ、結果として、お客様の幸せと健康に寄与できると考えているからです。

 ベンチャーバンクはこれまで20以上のブランドやサービスを創出してきましたが、必ずしも事業拡大を目的とはしていません。あくまでも、社員の幸せが根幹にあって、その実現に向けた愚直な取り組みが、事業の創出につながっています。今年中に、全く新しい2つの事業をローンチする予定があり、今からワクワクしています。

 現在は一定基準に成長したブランドを分社化し、5つのグループ会社となっています。それは各々が託された事業に特化することで、その強みを更なる成長につなげてもらおうという目的です。ベンチャーバンクはこれからも、社員の幸せと健康を第一義とする「幸せインキュベーションカンパニー」であり続けます。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

佐伯信行(さえき のぶゆき)さん
ベンチャーバンク社長兼CEO(最高経営責任者)
佐伯信行(さえき のぶゆき)さん 1970年東京生まれ。大学卒業後、電気事業の営業から、東証一部上場の流通・小売企業へ転身。取締役として複合商業施設のプロデュース・運営管理を行い、M&A先にて専務執行役員として事業再生や新規事業開発を経験。その後、携帯電話販売代理店の人事部長に転じ、採用や人事制度設計など組織開発を担う。2014年9月ベンチャーバンクにネットカフェ事業部の部長として入社。執行役員を経て、2016年2月から現職。グループ会社ソーエキサイトの社長も兼任。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.