日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 社長就任で一念発起、10kg以上の減量に成功【ベンチャーバンク 佐伯信行社長兼CEO】  > 3ページ

私の「カラダ資本論」

社長就任で一念発起、10kg以上の減量に成功【ベンチャーバンク 佐伯信行社長兼CEO】

第1回 会食は焼き鳥店でカロリーを抑える

 佐伯信行=ベンチャーバンク

 その後はヨガも始めました。「全米ヨガアライアンス」という国際的な資格を取得できる当社のスクール「FIRSTSHIP(ファーストシップ)」のインストラクターに師事して、アーサナ(ヨガのポーズ)や呼吸法、瞑想などを学んでいます。

 ヨガは自分がいきいきと生きていくためのツールとして実践しています。例えば、疲れた体をリセットしたいときや、雑念を払いたいときなどは、呼吸法や瞑想を行うと、睡眠の質や集中力を高めることができます。

 誰にでも簡単にできる呼吸法は、鼻から4秒で空気を吸って、1秒止めたあと、6秒かけて鼻から吐く。これを何回か繰り返します。秒数に正解はなく、自身が心地よいと思うペースで行ってください。私は座った状態で行うことが多いですが、自分がリラックスできれば、仰向けで寝た状態でも、イスに腰掛けた状態でも構いません。鼻での深い呼吸を繰り返していくと、「スーッ」という呼吸の音に集中して、自分の中心に入っていくような感覚になっていきます。心身の健康のためには、時折、こうした自分を取り戻す時間を持つことも大切だと思いますね。

会食は焼き鳥店を選ぶ

 お酒は今でも飲みますが、ワインや日本酒といった醸造酒はほとんど飲まなくなりました。ビールも乾杯程度で、焼酎の緑茶割りをよく飲みます。

 夜はどうしても会食が多くなるので、自分で店を選べる場合は、なるべく焼き鳥の店にしています。焼き鳥店なら、自分の好きなものを好きな分量だけ選べるので、余計なものを食べなくて済むんですよね。例えば、鶏胸肉の串に、トマトなどの野菜の串、それにヤマイモの千切りをといった具合です。

 同席される方たちは、皆さん肉を中心に食べていて、「こういう会食もたまにはいいですね」と言って付き合ってくださるのですが、毎回になると嫌がられてしまいますね(笑)。

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/写真:村田わかな)

佐伯信行(さえき のぶゆき)さん
ベンチャーバンク社長兼CEO(最高経営責任者)
佐伯信行(さえき のぶゆき)さん 1970年東京生まれ。大学卒業後、電気事業の営業から、東証一部上場の流通・小売企業へ転身。取締役として複合商業施設のプロデュース・運営管理を行い、M&A先にて専務執行役員として事業再生や新規事業開発を経験。その後、携帯電話販売代理店の人事部長に転じ、採用や人事制度設計など組織開発を担う。2014年9月ベンチャーバンクにネットカフェ事業部の部長として入社。執行役員を経て、2016年2月から現職。グループ会社ソーエキサイトの社長も兼任。

先頭へ

前へ

3/3 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.