日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 50代なのに、アタマ年齢は30代【JINS田中社長】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

50代なのに、アタマ年齢は30代【JINS田中社長】

第4回 メガネ型ウエアラブルデバイスで自己管理

 田中 仁=ジェイアイエヌ社長

アタマ年齢、どう使えばいい?

[画像のクリックで拡大表示]

 今、こう話している瞬間の私のアタマ年齢は34歳です。20代の社員でも「そんなに若い数字が出たことはない」という人もいます。カラダ年齢は45歳。実年齢が53歳ですから、こちらも結構若い。ただ2つの年齢は時間によって大きく変化します。例えば、昼食の後や、夕方になって疲れてくるとアタマ年齢は上がり、私の場合でいうと60代に変化することもありました。

 データを見ると、私に限らず誰でも、わずか1日の間でもその時々の状況でバイオリズムがあることが分かります。ですから、アタマ年齢をどんどん若返らせることを目指すというより、調子の良し悪しをつかんで、いいときは懸案事項を考え、悪いときは少し休憩するといった使い方をしています

左がアタマ年齢、右がカラダ年齢を示す画面。年齢の変化とともに、「集中」「活力」といった状態を示す3つのバーの目盛も変化する。
[画像のクリックで拡大表示]
左がアタマ年齢、右がカラダ年齢を示す画面。年齢の変化とともに、「集中」「活力」といった状態を示す3つのバーの目盛も変化する。
[画像のクリックで拡大表示]
左がアタマ年齢、右がカラダ年齢を示す画面。年齢の変化とともに、「集中」「活力」といった状態を示す3つのバーの目盛も変化する。

可視化されれば意識も変わる!

 私が比較的調子のいい時間帯はやはり午前中ですね。だから午前中に集中してやるべきことはやってしまいます。カラダ年齢は、座りっぱなしだとだんだん上がっていきます。“高齢”になってくると、多少オフィスの中を歩こうかなと意識しますね。

 JINS MEMEでは体軸のズレも可視化されます。例えば私の秘書は常に肩甲骨がつっていたらしいのですが、JINS MEMEをかけるようになって改善されました。自分の体軸のズレが可視化されたことで、それを意識して修正するようにしたそうです。

 自分のバイオリズムや姿勢を自覚することはなかなか難しいもの。しかし具体的な数字やイメージが可視化されることで、より良い自分へと変えていくことができます。

取材を終えて

 2011年の発売以来累計販売数600万本を超える大ヒットとなったパソコン用メガネの「JINS SCREEN(旧JINS PC)」など数々の画期的な商品を生み出してきたジェイアイエヌ。田中社長は「失敗の累積経験こそが『これはいける』という直感を磨く」という。致命的な失敗をしてはいけないが、小さな失敗ならむしろ恐れずにどんどんすべき。失敗してもいちいち落ち込まず、いかに次につなげられるかが大事とのこと。

 そう話す田中社長自身、いつ会っても明るく朗らかで自然体。「病は気から」と昔から言われているものの、「健康を保つ上で一番大事な要素は精神」という考え方は新鮮だった。心が元気なら体も元気。くよくよしないというのはとりわけトップに必要な才能の一つなのかもしれない。(荻)


■田中社長のカラダ資本論
第1回 2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
第2回 受け入れれば、楽になれる
第3回 飛行機の中で映画を観ない理由
第4回 50代なのに、アタマ年齢は30代

■その他の経営者のカラダ資本論
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい


(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

田中 仁(たなか ひとし)さん
ジェイアイエヌ社長
田中 仁(たなか ひとし)さん 1963年群馬県生まれ。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程修了。1988年ジェイアイエヌを設立。2001年アイウエア事業「JINS」(ジンズ)を開始。2011年『Ernst&Youngワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011』モナコ世界大会に日本代表として出場。2013年東京証券取引所第一部に上場。2013年起業家支援のため「群馬イノベーションアワード」や「群馬イノベーションスクール」を開始。現在は前橋市中心街に「前橋まちなか研究室」を設け街づくりにも関わる。著書に『振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦』がある。一般財団法人田中仁財団代表理事。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.