日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 50代なのに、アタマ年齢は30代【JINS田中社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

50代なのに、アタマ年齢は30代【JINS田中社長】

第4回 メガネ型ウエアラブルデバイスで自己管理

 田中 仁=ジェイアイエヌ社長

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、アイウエアブランド「JINS」の田中仁社長(53歳)の最終回では、昨年11月に発売された「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を取り入れた自己管理法について紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]

 みなさん、当社が約5年半かけて開発に取り組み、満を持して昨年11月に発売した「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」をご存じでしょうか。

 この製品はメガネというより、フレームにセンサーや電子回路、バッテリーを搭載した「メガネ型ウエアラブルデバイス」です。JINS MEMEはスマートフォン(以下、スマホ)のアプリケーションと連動させて使います。「世界初、自分を見るアイウエア」をコンセプトに開発した製品なのですが、センサーが目の動きやまばたき、体の動きを読み取り、そのデータをブルートゥースでスマートフォンに転送。JINS MEMEの専用アプリで分析され、ユーザーの集中度や眠気、体軸のブレなどが可視化されます(疲労や集中度合いなどにより、まばたきや目の動きが変わることを基に分析する)。

 メーンのアプリである「JINS MEME App(ジンズ・ミーム・アップ)」では東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太先生の監修により開発された「アタマ年齢」と「カラダ年齢」が分かります。

「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」には、カジュアルなウエリントンタイプ(左、3万9000円+税)と、スポーツサングラスタイプ(右、1万9000円+税)がある。上写真で田中社長がかけているのはウエリントンタイプ。
[画像のクリックで拡大表示]
「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」には、カジュアルなウエリントンタイプ(左、3万9000円+税)と、スポーツサングラスタイプ(右、1万9000円+税)がある。上写真で田中社長がかけているのはウエリントンタイプ。
[画像のクリックで拡大表示]
「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」には、カジュアルなウエリントンタイプ(左、3万9000円+税)と、スポーツサングラスタイプ(右、1万9000円+税)がある。上写真で田中社長がかけているのはウエリントンタイプ。

「JINS MEME」で分かるアタマ年齢、カラダ年齢って?

  「アタマ年齢」は集中力、活力、落ち着きなどを数値化した指数で、生産性や創造性が高いときに年齢が若くなり、低いときには上昇します。一方、「カラダ年齢」はカラダの動きから得られるデータを基に活動量、姿勢、安定性などを数値化した総合指数で、姿勢良く安定して歩行しているときは若くなり、体を動かさず、姿勢が悪いときなどは上がります。

 アタマ年齢、カラダ年齢はリアルタイムで変化します。何時何分にどうだったかというのが全部ログで取れる。だからこそウエアラブルデバイスでの計測を習慣化するといい。手前味噌ではありますが、私自身、普段からJINS MEMEを着用してデータを取り続け、日々の自己管理に役立てています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.