日経グッデイ

私の「カラダ資本論」

飛行機の中で映画を観ない理由【JINS 田中社長】

第3回 移動時間は瞑想の時間

 田中仁=ジェイアイエヌ社長

仕事においては、やはりカラダが資本。多忙な中でも最高のパフォーマンスを発揮し続けるには、日ごろからの健康管理が欠かせない。一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム、ジェイアイエヌの田中仁社長(53歳)の3回目。テーマは「気分転換」だ。飛行機や新幹線などでの移動中、仕事をしたり、本を読んだりしている人が多いのでは。一方、田中社長はあえて何もせず、ただ座ってリラックスすることにしているという。その理由とは。

[画像のクリックで拡大表示]
出張の移動時間が、気分転換の良い機会になっています。

 私は最近、週末のたびに故郷の群馬県に出向いています。群馬県の起業家の育成・支援に力を注ぐべく2014年に設立した田中仁財団の活動のためです。現在は「群馬イノベーションアワード」「群馬イノベーションスクール」「前橋まちなか研究室」などを手掛けています。

 その結果、以前より群馬にいる時間が増えているのですが、都心にいるときとは頭が自然と切り替わり、いい気分転換になっています。都心を出るときは難しい問題に直面して悶々としていたのに、帰るときには解決策が見えていたり、気分がスッキリしていたりする、といったこともしばしばです。毎日同じような日常を漫然と過ごすのではなく、やはり環境を変えて刺激を受けないと新しいアイデアも生まれてきませんよね。

ドライブは瞑想の時間

 ドライブも私にとってはいい気分転換で、リラックスする時間になっています。車内では好きな音楽を聴くこともありますが、何も音がないほうがいい場合もあります。車を運転していると、ガラス窓の向こうを流れる景色に集中しますよね。私は座禅に似ているところがあるなと感じています。それだけに集中といいますか、無になれる。瞑想に近い状態です。

 運転し始めはいろいろなことが頭の中に浮かんできますが、それがいつか整理され、雑念が削ぎ落とされて考えがまとまっていく感覚です。

 新幹線や飛行機の移動もいいですね。例えば、飛行機に乗っているとき、私は映画を観ません。海外へ行く十数時間のフライトでもそうです。多少本を読んだり、眠ったりはしますが、大半の時間を何もせずただ座ってリラックスして過ごしています。

積極的に頭を空っぽにするワケ

[画像のクリックで拡大表示]
無になる時間があるからこそ、疲弊せずに続けられるんです。

 他の人から見ると何の生産性もない、無駄な時間のように思われるかもしれませんが、いわば積極的に頭を空っぽにしているのです。意識的にやらないと、そうした時間はなかなかつくれない。会社にいると当然ながら社員から話しかけられますし、スマホを持っていればどこまでも追いかけられてしまいますから。その点、移動の時間は邪魔が入ることが少ない。

 最近は、平日は東京で社長業、週末は群馬で起業家育成や支援にあたり、休みらしい休みはありません。それでも精力的に動けるのは、気分転換を図ったり、頭を空っぽにしたりすることを意識的に行っているからだと思います。何もケアをしなければ肉体的にも精神的にも疲弊してしまいますから。

 だからこそ私は移動時間を使って頭を空っぽにする。いったん雑事から離れて頭をリセットできる移動時間は、私にとってなくてはならないひとときなのです。


■田中社長のカラダ資本論
第1回 2カ月で4キロ減、人は知識がつくとやせられる
第2回 受け入れれば、楽になれる

■その他の経営者のカラダ資本論
【星野リゾート星野氏】「1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに」
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

(まとめ:荻島央江=フリーライター/インタビュー写真:鈴木愛子)

田中 仁(たなか ひとし)さん
ジェイアイエヌ社長
田中 仁(たなか ひとし)さん 1963年群馬県生まれ。慶應義塾大学大学院政策メディア研究科修士課程修了。1988年ジェイアイエヌを設立。2001年アイウエア事業「JINS」(ジンズ)を開始。2011年『Ernst&Youngワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011』モナコ世界大会に日本代表として出場。2013年東京証券取引所第一部に上場。2013年起業家支援のため「群馬イノベーションアワード」や「群馬イノベーションスクール」を開始。現在は前橋市中心街に「前橋まちなか研究室」を設け街づくりにも関わる。著書に『振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦』がある。一般財団法人田中仁財団代表理事。