日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > テクノロジー会社らしい方法でストレス解消と社員交流【レノボ・ジャパン ベネット社長】
印刷

私の「カラダ資本論」

テクノロジー会社らしい方法でストレス解消と社員交流【レノボ・ジャパン ベネット社長】

第2回 ストレスフルな仕事への対応と社員コミュニケーション

 David Bennett=レノボ・ジャパン

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、最新のスマートテクノロジーを通して、生活や仕事に様々なイノベーションを提供しているレノボ・ジャパンの代表取締役社長に2018年5月に就任した、デビット・ベネット氏に話を伺っている。今回はベネット社長のストレス解消法や、社内クラブ活動について話していただいた。

アプリを使った呼吸法と瞑想で精神的安定を図る

 精神的な安定を得るためには、1日10分程度、アプリを使ったメディテーション、瞑想もやっています。数年前から使っているのは、『Oak』というアプリケーションです。これはガイディッド・メディテーションと呼ばれていて、呼吸法や瞑想の仕方を指示してくれます。ガイドに合わせてやっていると、非常に心が落ち着いてきます。

 開発したのはケビン・ローズという人で、私たちのようなテクノロジー業界の中ではとても有名なんです。彼はもともと独自のテクノロジーを使ったウェッブサイトの開発者で、グーグルでも働き、今はベンチャーキャピタルもやっています。そんな人物ですから、同じ業界で働く人たちが仕事から受けるストレスのことを非常に理解しています。それを軽減しようとして作ったのです。

 呼吸法は、「Deep Calm」に「Box」、「Awake」という3つの方法があります。Deep Calmは気持ちを落ち着けたいとき、Boxは集中力を高めたいとき、Awakeは朝の目覚めに行うものです。これらは2分ほどで終わります。アプリに表示される円形の表示に合わせて、静かに鼻から息を吸って一旦止める、そして口から吐き出すということを繰り返すだけですが、この呼吸法だけでも体がリラックスして精神的にも落ち着くので、大変効果があると感じています。

 メディテーションは、やり方を指示してくれる「Mindful」とガイドなしの「Unguided」などの方法があります。僕がやっているのはMindfulです。バックグラウンドに流れる音を選ぶことができて、雨の音や川の流れの音、チャイムなども選んで10分間目を閉じているんです。ガイドの声も男性と女性が選べます。その指示通りにすると、終わって目を開けた時には、周りの色が非常に明るく、はっきり感じるんです。その瞬間に、日頃感じているストレスが解消している感じがして、気持ちが落ち着いているんです。

 あまり詳しくないのでわからないのですが、最近流行っているマインドフルネスというストレス解消や休息法と非常に近いものだと思います。呼吸法や瞑想法は、ICTやテクノロジーとはかけ離れた世界のように思うかもしれませんが、ストレスフルな仕事をこなす中で精神的な健康状態を健全に保つには大変に有効で、大切な方法だと感じています。

 以前は毎日やっていましたが、今は1週間に1回、2回、夜寝る前にやっています。ただ、忙しくて、すごくストレスがたまっているのを感じたときには、ミーティングとミーティングの間に自分のオフィスでやることもあります。そのとき大切なのは、携帯電話をオフにすることですね。そうしないとすぐに誰かからの連絡がきて中断してしまいますから(笑)。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.