日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > スキーの滑走日数は年間65日が目標【星野リゾート・星野氏】  > 2ページ目
印刷

私の「カラダ資本論」

スキーの滑走日数は年間65日が目標【星野リゾート・星野氏】

第4回 冬の出張は雪のあるところを中心に

 星野佳路=星野リゾート代表

旅を通じて、スキーを楽しむ

 一番の醍醐味は、旅とひもづいていることですね。例えばテニスは東京でもできて、どのコートでもさほど大きな違いはありません。でも、スキーは仲間と山へ出かける楽しみがあり、行く山によって景色も、斜面も、雪質も違います。その地域の文化や食べ物、お酒も違う魅力がある。美味しいものを囲んで仲間と語らう時間もいいですよね。

 星野リゾートにはスキー部があり、1年に1度は誰でも参加できる大きな合宿を企画しています。この合宿は、私がアシスタントと一緒に主宰。場所や日程、スケジュールをアレンジして、貸切にできるペンションなどの宿泊先を確保したら、一人当たりの参加費用を決定。足りない分は私が補填し、美味しいものが食べられるように食材を持ち込む交渉などもします。顧客満足度を高めないといけませんからね(笑)。前回の合宿には、全国の施設から延べ25名ほどが参加しました。

 この合宿に参加すると、山形県の月山での合宿に参加する資格が得られます。昨年の夏は、ニュージーランドにも延べ10人ほどで出かけました。今年はヨーロッパに行こうという話もしています。

リフトの上で仕事をすることも

 私と常に行動を共にするアシスタントは1年の任期で交代するのですが、「運転」と「英語」ができること、そして、「スキー上級者レベル」を条件にしています。去年の月山の合宿では、リフトに乗っているときにアシスタントに仕事の電話がかかってきて、頂上に着くまでに案件が1つ解決しました(笑)。

 もともとオンとオフの切り替えをあまり意識していないので、リフトの上で仕事をすることになっても気にしません。むしろ、いい仕事場だと思いますね。食事中にスタッフの間で仕事の議論が始まったときも「そんなことはリフトの上で話したら?」と言いました(笑)。スキー合宿では、職場で話をするときとはまた違ったコミュニケーションが取れるようにも思います。

 70代で今のように滑るのは難しいだろうと思っていたのですが、ニュージーランドのスキー場で70代の日本人男性と知り合い、考えが変わりました。彼はそのスキー場で最も多い滑走距離を達成したことで表彰されていたのです。彼は7月から9月までのシーズン中は現地の自宅からシーズンパスで通っていて、私よりはるかに滑っているんですね。そんな大先輩と出会って、70代でも滑れると自信を深めてしまいました(笑)。

 70代でスキーを楽しみ、仕事を現役で続けるためにも、健康管理はますます重要になってきますね。

[画像のクリックで拡大表示]

(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/インタビュー写真:増井友和)

取材を終えて

 多忙を極める経営者の取材には調整に時間がかかることも少なくないが、星野代表に最初にコンタクトをとったのは、昨年の6月。それから何度か広報の方と交渉をして、年末に福島の「星野リゾート アルツ磐梯」でインタビューをアレンジしていただいた(撮影は「星野リゾート 裏磐梯猫魔スキー場」)。取材の承諾が得られたのは、スキーの滑走シーンの撮影があったからかもしれない(笑)。

 星野さんは「スキーに言い訳はしたくない。行きたいから行くだけ」と話したが、並大抵の仕事の仕方をしていては、年間60日以上の滑走日数を確保できるはずもない。仕事のパフォーマンスを発揮してこそ、スキーも存分に楽しめるのだろうと感じた。何より、健康について、スキーについて溌剌(はつらつ)と語る星野さんから、こちらも元気をいただけた。今年は20年以上ぶりに、スキーをやってみたいとも思えた。(田)

■星野氏のカラダ資本論
第1回 1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに
第2回 快眠のためにやめた2つのこと
第3回 「3ない主義」でストレスを軽減

■その他の経営者のカラダ資本論
【ジャパネット髙田明氏】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい

星野佳路さん
星野リゾート代表
星野佳路さん 1960年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、米コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。91年に星野温泉(現在の星野リゾート)社長に就任。所有と運営を一体とする日本の観光産業でいち早く運営特化戦略をとり、運営サービスを提供するビジネスモデルへ転換。2014年には開業100周年を迎え、2016年1月現在、全国で35のリゾート、旅館を運営。7月には、東京・大手町に「星のや 東京」のオープンも予定している。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.