日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 私の「カラダ資本論」  > 快眠のためにやめた2つのこと【星野リゾート・星野氏】  > 2ページ
印刷

私の「カラダ資本論」

快眠のためにやめた2つのこと【星野リゾート・星野氏】

第2回 いかに「深い睡眠」がとれるかを重視

 星野佳路=星野リゾート代表

 就寝前のメールのやりとりです。よく、パソコンやスマートフォンの画面などでブルーライトを見ていると寝つきが悪くなるといわれますが、そういうことよりも、メールの内容に興奮して、会話が白熱することの方が影響が大きいように感じますね。メールのやりとりをしても眠りには就けるものの、なかなか深い眠りに入れなくなるのです。

 こうしたルールを実践すると、深い眠りが3時間以上とれるようになり、体調の良さを実感できるようになりました。測定の結果と自分の感覚が一致するんですね。

 トータルの睡眠時間よりも睡眠の質を重視していますが、3時間以上の深い眠りを確保するには、もちろん一定時間以上の睡眠をとることも必要です。実感としては、最低でも6時間は睡眠時間をとらないと、3時間の深い眠りは維持できないと思いますね。

1日1万歩以上の“黒字”達成を日課に

食事の制限や毎日のウォーキングで体重管理もバッチリ!
[画像のクリックで拡大表示]

 睡眠のパターンと同様に、1日の歩数も毎日計測しています。目標は1日1万歩以上。1日1食で食事の量を抑えると同時に(詳しくは前回記事「1日1食主義で思考がクリアに」を参照)、1万歩以上歩くことで基礎代謝を上げ、体重を管理する狙いです。

 1日1万歩以上を達成するため、昼間はできるだけ歩くようにしています。もともと会社に公用車がなく、都内での移動は自転車と徒歩が中心。打ち合わせにも時間があるときは歩いていきます。約束までの時間に余裕がないときは電車やタクシーを利用しても、帰るときは歩くなどの工夫をします。

 それでも歩数が足りないときは、仕事を終えたあと、オーディオブックを聞きながら歩くこともありますね。30分歩くと約3000歩。1時間歩ければ5000歩から6000歩になります。日中に1万歩を達成できなかったときは、夜歩いて、必ず“黒字”にしてから眠る(笑)。これを日課にしています。




※星野氏のカラダ資本論、明日は「『3ない主義』でストレスを軽減」をお届けします。

■星野氏のカラダ資本論
第1回 1日1食主義でハングリーハイで思考がクリアに
第3回 「3ない主義」でストレスを軽減
第4回 スキーの滑走日数は年間65日が目標

■その他の経営者のカラダ資本論
【ジャパネット髙田明さん】「1年半、会社のエレベーターに乗っていません」
【GMO熊谷社長】「1000人に1人」のカラダはこう作っている
【エレコム葉田社長】男性ホルモン治療で、ドライバー飛距離260ヤードに
【元トリンプ社長・吉越氏】リーダーの責務は「まず、よく寝ること」
【グロービス堀義人氏】割れた腹筋でプールサイドに立ちたい


(まとめ:田村知子=フリーランスエディター/インタビュー写真:増井友和)

星野佳路さん
星野リゾート代表
星野佳路さん 1960年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、米コーネル大学ホテル経営大学院修士課程修了。91年に星野温泉(現在の星野リゾート)社長に就任。所有と運営を一体とする日本の観光産業でいち早く運営特化戦略をとり、運営サービスを提供するビジネスモデルへ転換。2014年には開業100周年を迎え、2016年1月現在、全国で35のリゾート、旅館を運営。7月には、東京・大手町に「星のや 東京」のオープンも予定している。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.