日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生

第3回…抜群の安定感を支える「豊富な練習量」【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。川越市ゴルフ協会の会長を務める矢嶋正一さん(86歳)の第2回は「全部自己流!? 学校の砂場でバンカーショットの練習も」、第4回は「ゴルフは私にとって“病院”みたいなもの」で12月18日公開予定。

年間ラウンド数70回で、平均ストローク80.7

 これまでの連載に登場したエージシューターで、達成回数1300回の植杉乾蔵さんや、780回の赤﨑俊美さんは、年間平均150ラウンド以上、プレーしている。だから練習場にはほとんど行かない。植杉さんいわく「コースに出るのが練習です」というわけだ。

 対して、矢嶋正一さん(86歳)は、年間のラウンド数が平均して70回前後と、先の2人の半分程度だ。しかし、エージシュート回数はすでに374回を数え、昨年(85歳のとき)は70ラウンド中、53回がエージシュートで、そのときの平均ストロークも80.7と安定感は抜群だ。

 この抜群の安定感を支えているのが豊富な練習量であることは言うまでもない。

 「練習はほぼ毎日します。庭に網を張ってカーテンを吊ったようなミニ練習場を作っていて、コースに行かない日は8番アイアンからドライバーまで150球、それが終わるとウエッジでアプローチの練習をやはり150球打っています」(矢嶋さん)

女子プロのスイングを参考にしています

 スイングは前回も紹介したが、すべて自己流で、プロに習ったことはない。あえていえば、ゴルフ雑誌のスイング特集が矢嶋さんの先生だという。

 「ゴルフ雑誌とテレビは昔からよく見ましたね。とくにゴルフ雑誌は定期的に購読していて、スイング特集で打ち方のヒントがあると、すぐに庭先の練習場に下りて実際に自分で打ってみてチェックする。またテレビのレッスン番組でスイングのリズムやインパクトのタイミングを見てひらめくものがあると、やはり練習場で打ってみて確認する。ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生で、それは今もやっています」(矢嶋さん)

 テレビでよく見るのはゴルフ専門チャンネル「ゴルフネットワーク」(有料放送)で、とくに女子プロのステップアップツアー(女子プロの2軍戦)中継と『とことん1番ホール生中継』という番組がお気に入りだとか。

どこにも力みの感じられないバランスのよいフィニッシュで立つ矢嶋さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「男子プロのスイングは、パワーもヘッドスピードも違いすぎて参考にならない。女子プロのスイングが一番勉強になります。ステップアップツアーは、プロでもこんなミスをするの、というようなミスが見られるし、ミスをした後のリカバリーがすごく参考になる。また『とことん1番ホール生中継』はスタート直後の緊張した場面でプロはどんな打ち方をするか、タイミングをキープするためにどんな工夫をしているかといったことが、メンタルコントロールも含めて参考になります」(矢嶋さん)

 好きな女子プロはイ・ボミ(2015年の賞金女王)だそうだ。

 「彼女はスイングリズムが素晴らしい。スイング中の無駄な体重移動がまったくないし、頭もアドレスのまま残っている。それでヘッドスピード40~41m/sなのに250ヤード飛ばしているでしょう。あのスイングを見習いたいんです」(矢嶋さん)

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.