日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 全部自己流!? 学校の砂場でバンカーショットの練習も  > 3ページ
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

全部自己流!? 学校の砂場でバンカーショットの練習も

第2回…映画「社長シリーズ」を地でいく時代にゴルフに開眼【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

全部、自己流。素振りは毎日欠かさず

 矢嶋さんがゴルフを始めて間もない1963年に東松山CCがオープン。会員募集をしているのを知り、すぐにメンバーになった。それから仕事のない週末はよくゴルフ場に通うようになり、3年後にシングル入りする。

 「東松山CCはなかなかシングルにさせないことで有名だったのですが、3年後に達成し、研修会にも入って1973年からはクラブ対抗の代表選手にも選ばれ、2008年まで出場しました。シングル入りした当時のドライバーの飛距離は230ヤード前後でした」(矢嶋さん)

 ハンディキャップは最高1で、現在も5を維持している。ただし、スイングは最初にゴルフ教室に通っただけで、その後、プロについたとか、コーチを受けたことはまったくないという。

 「全部、自己流です。ただし、素振りは毎日やりました。夏などは暑くて汗が出るでしょう。黙っていても汗をかくのだから、それなら家でゴルフの練習をして汗をかこうと、暑いときほどよく素振りをしました」

 矢嶋さんは86歳になった現在も、若い頃と変わらない練習量を維持している。次回は、そんな矢嶋さんの練習法を中心に現在のゴルフライフを紹介しよう。

*次回(12月17日公開)は『ゴルフ雑誌とテレビが私のスイングの先生』をお届けします。ぜひご覧ください。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.