日経グッデイ

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

日本グランドシニア優勝! スゴ腕“元銀行マン”の飽くなき挑戦

第1回 「80台のエージシュートは嬉しくないな」【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

現役銀行マンでクラブチャンピオンになる

 エージシュートに挑戦している人は、意外なことに定年後にゴルフを本格的に始めた人が多い。その要因は、サラリーマン時代はゴルフに行きたくてもいけなかった。そうした募る思いを定年後も持ち続けてエージシュート挑戦の原動力にしているのだろう。

 その一方、現役世代に県レベル以上のアマチュア大会などの常連だった人にはエージシューターが少ない。若い頃に頑張りすぎて肘や腰を痛め、エージシュートに挑戦する年齢に達する頃には体を壊してしまっている場合が多いのだ。

 今回、ご紹介する人は、現役世代にはクラブチャンピオンに輝いたうえに、定年後はエージシュートを300回以上達成して、今なお記録更新中というアマチュアゴルファーとしての理想的なゴルフライフを送っている。

 矢嶋正一さん。1929年(昭和4年)6月生まれの86歳で、川越市ゴルフ協会会長も務める凄いシニアゴルファーだ。矢嶋さんが息の長いゴルファーであり続けるには、どんな上達法や健康法があったのだろうか。

ゴルフも立ち居振る舞いも自然体そのものの矢嶋正一さん
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは矢嶋さんのこれまでの主な戦績をご紹介しよう。自身が所属するホームコースの東松山CC(埼玉県)では、クラブチャンピオンに4回輝いている。

1984年(昭59年)55歳
1985年(同60年)56歳
1986年(同61年)57歳
1993年(平 5年)64歳

 矢嶋さんは元埼玉銀行(現りそな銀行)の銀行マンだった。定年前に埼玉県信用組合協会に出向し、専務理事を経て完全にリタイアしたのが63歳のとき。ということは、東松山CCでクラブチャンピオンに輝いた55~57歳の3年間は間違いなく現役サラリーマンとして活躍していた時期と重なる。

クラブチャンピオンがリスペクトされる理由

 クラブチャンピオンになるには予選のストロークプレーでベスト32に入り、決勝ラウンドに入ってからは毎週2ラウンドのマッチプレーが待っていて、ほぼ1カ月に渡る長丁場を戦い抜かなければならない。クラブチャンピオンが、そのゴルフ場のメンバー全員からリスペクトされるのは、単にゴルフの技術だけでなく、それだけのハードな試合を勝ち抜く強靭な精神力と肉体の持ち主であるからなのだが、それをサラリーマンの現役時代にやってのけたというのは驚愕すべきことなのである。

 「いやあ、現役銀行マンといっても、55歳のときにはもう信用組合協会に出向していましたから、比較的、時間は自由の利く身になっていたんです」(矢嶋さん)

 とはいえ、20代、30代、40代の若手メンバーが体力に任せて挑んでくるクラブ選手権で3年連続を含む4回もクラブチャンピオンに輝くことがいかに大変な偉業か、ゴルフをやっている人なら誰も異論を差し挟まないだろう。

リタイアしてからは71歳で日本グランドシニア優勝

 63歳で完全にリタイアしてからの矢島さんの戦績はもっと凄い。

 矢嶋さんが所属するもう1つのホームコースである下仁田CC(群馬県)では、1995年(66歳)、1997年(68歳)、2000年(71歳)とシニアチャンピオンに3回輝いたあと、グランドシニアチャンピオンは2004年(75歳)から合計7回。さらに、桐生CC(群馬県)でも70歳から13回グランドシニアチャンピオンになっている。

 「下仁田CCの2004年と2005年は、スコアが75と72で、ともにエージシュートを達成してのグランドシニアチャンピオンでした。また桐生CCでも2002年(73歳)に73で、やはりエージシュートでグランドシニアを獲っています」(矢嶋さん)

 それだけではない。矢嶋さんはこの間、70歳で関東グランドシニア優勝、71歳には日本グランドシニア優勝などの成績を残している。なかでも日本グランドシニアは、初出場した70歳のときに3位、翌年71歳で優勝を果たし、72歳で5位、74歳で2位と、5回出場して1位、2位、3位、5位に入る活躍ぶりだ。

矢嶋さんのクラブセッティング。ウッド類はゼクシオプライム、アイアンはブリヂストン、パターはオデッセイ#7
[画像のクリックで拡大表示]

 「出向先の埼玉県信用組合協会を63歳でリタイアしたのは、関東シニアや日本シニアに出たかったからです。早くリタイアしてゴルフ三昧の生活を送りたいという思いは若い頃からありました。サラリーマンをしていると、平日に開催されることが多いアマチュアの大会に出場できないんです。信用組合協会の勤務は比較的楽でしたが、それでも大会のたびに休むのは気がひける。協会からはもう1期、専務理事で残ってくれと言われて、仕事をとるか、ゴルフをとるか悩みましたが、体がボロボロになってからゴルフをしてもつまらない。どうせやるなら元気なうちに関東シニアや日本シニアに出たいなと思って、それでスパッとリタイアしたのです」(矢嶋さん)

 “飽くなき挑戦欲”―クラブ競技だけでなく、関東シニアや日本シニアを目標にもう一段高いところに挑むのだという矢嶋さんの気概が、現役時代から今日まで息の長いゴルフ人生を歩み続けてこられた原動力といえるのではないだろうか。

初エージシュートは68歳のときに65で回って達成

 矢嶋さんのエージシュート回数は12月1日現在、374回に到達している。

 「初エージシュートは68歳のときに65で回って達成しました。思い出に残るエージシュートは76歳のときですね。クラブ対抗のメンバーの1人が急に出場できなくなり、ピンチヒッターに駆り出されて出場したら76で回って、メダリストでエージシュートを達成したんです。表彰式で、この人がメダリストでエージシューターですよ、と紹介されて恥ずかしかったです(笑)」(矢嶋さん)

矢嶋さんのエージシュート達成記録。エージシューターはメモ魔が多いのが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]

 クラブ対抗の代表選手として1973年から2008年まで出場。前述の76歳と78歳のときにエージシュートを達成している。

 「最近はホームコースはもちろん、霞ヶ関CCなど近隣のコースでも、行くと、顔見知りのキャディさんから『いま何回ですか』と聞かれるので、エージシュートを出さないと申し訳ないような気になって、けっこう緊張します(笑)」(矢嶋さん)

80台でエージシュートを出しても嬉しくない

 実は、12月1日に取材をしたときも筆者と一緒にラウンドしたのだが、この日も39・41の80で、楽々エージシュートを達成している。にもかかわらず、あまり嬉しそうな表情ではないので理由を聞くと―。

「エージシュートといっても80台のエージシュートは嬉しくないな。やはり70台でエージシュートを出さないと、出した気にはならないですね」(矢嶋さん)

 「え~っ」と思わず唸ってしまうほどの志の高さ。ついでにいえば、一緒に回った日はレギュラーティーからのラウンドだったが、いまも研修会では若いメンバーに交じってバックティーから打っているという。この貪欲なまでの挑戦欲、自分に妥協しない心の強さが矢島さんのゴルフライフを支えているような気がした。

 そんな矢嶋さんは、いったいどのような思いでゴルフに取り組んできたのだろうか。次回はサラリーマン時代に矢嶋さんが取り組んだ練習法などを中心に紹介しよう。

*)次回(12月16日公開)は『全部自己流!? 学校の砂場でバンカーショットの練習も』をお届けします。ぜひご覧ください。