日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 日本グランドシニア優勝! スゴ腕“元銀行マン”の飽くなき挑戦
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

日本グランドシニア優勝! スゴ腕“元銀行マン”の飽くなき挑戦

第1回 「80台のエージシュートは嬉しくないな」【矢嶋正一さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

現役銀行マンでクラブチャンピオンになる

 エージシュートに挑戦している人は、意外なことに定年後にゴルフを本格的に始めた人が多い。その要因は、サラリーマン時代はゴルフに行きたくてもいけなかった。そうした募る思いを定年後も持ち続けてエージシュート挑戦の原動力にしているのだろう。

 その一方、現役世代に県レベル以上のアマチュア大会などの常連だった人にはエージシューターが少ない。若い頃に頑張りすぎて肘や腰を痛め、エージシュートに挑戦する年齢に達する頃には体を壊してしまっている場合が多いのだ。

 今回、ご紹介する人は、現役世代にはクラブチャンピオンに輝いたうえに、定年後はエージシュートを300回以上達成して、今なお記録更新中というアマチュアゴルファーとしての理想的なゴルフライフを送っている。

 矢嶋正一さん。1929年(昭和4年)6月生まれの86歳で、川越市ゴルフ協会会長も務める凄いシニアゴルファーだ。矢嶋さんが息の長いゴルファーであり続けるには、どんな上達法や健康法があったのだろうか。

ゴルフも立ち居振る舞いも自然体そのものの矢嶋正一さん
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは矢嶋さんのこれまでの主な戦績をご紹介しよう。自身が所属するホームコースの東松山CC(埼玉県)では、クラブチャンピオンに4回輝いている。

1984年(昭59年)55歳
1985年(同60年)56歳
1986年(同61年)57歳
1993年(平 5年)64歳

 矢嶋さんは元埼玉銀行(現りそな銀行)の銀行マンだった。定年前に埼玉県信用組合協会に出向し、専務理事を経て完全にリタイアしたのが63歳のとき。ということは、東松山CCでクラブチャンピオンに輝いた55~57歳の3年間は間違いなく現役サラリーマンとして活躍していた時期と重なる。

クラブチャンピオンがリスペクトされる理由

 クラブチャンピオンになるには予選のストロークプレーでベスト32に入り、決勝ラウンドに入ってからは毎週2ラウンドのマッチプレーが待っていて、ほぼ1カ月に渡る長丁場を戦い抜かなければならない。クラブチャンピオンが、そのゴルフ場のメンバー全員からリスペクトされるのは、単にゴルフの技術だけでなく、それだけのハードな試合を勝ち抜く強靭な精神力と肉体の持ち主であるからなのだが、それをサラリーマンの現役時代にやってのけたというのは驚愕すべきことなのである。

 「いやあ、現役銀行マンといっても、55歳のときにはもう信用組合協会に出向していましたから、比較的、時間は自由の利く身になっていたんです」(矢嶋さん)

 とはいえ、20代、30代、40代の若手メンバーが体力に任せて挑んでくるクラブ選手権で3年連続を含む4回もクラブチャンピオンに輝くことがいかに大変な偉業か、ゴルフをやっている人なら誰も異論を差し挟まないだろう。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.