日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 82歳エージシューター、朝の日課は布団の中で「筋トレとストレッチ」
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

82歳エージシューター、朝の日課は布団の中で「筋トレとストレッチ」

第4回…「食事は痛風に気を付けプリン体を控えます」【赤﨑俊美さん】 

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

腱板断裂のほか、痛風、肘部管症候群…満身創痍の体

 82歳にして、今もハンデキャップ3.8を維持している赤﨑俊美さんの年間平均スコアは、この3年間ずっと70台をキープしている。ちなみに直近の3年分は次の通りだ

  • 2013年は165ラウンドしてエージシュート148回、平均スコア75・82
  • 2014年は142ラウンドしてエージシュート120回、平均スコア77・60
  • 2015年は134ラウンドしてエージシュート119回、平均スコア77・83
  • (注:2015年は10月末現在)

 一見してわかるように40年のゴルフ歴の中で80歳を過ぎた今が絶好調といわんばかりの数字が並ぶが、これらは何もしないで成しえたものではもちろんない。むしろ日々の小さな努力の積み重ねによるといってよい。

両肩腱板断裂でスイングがコンパクトになり、スイング軌道の正確さが増した赤﨑さんのフィニッシュ。

 赤﨑さんが両肩の腱板を断裂していることはすでに紹介した(参照記事:『 82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」 』)。それ以外にも、いろいろな疾病を抱えている。

 「まず痛風の持病があるので、毎日、痛風の薬を飲み、肩と腰と膝に湿布をしています。あと、肘部管症候群(*1)があり、冬になると左手が痺れてクラブが握れない時期もあったのですが、その治療薬としてビタミンB12を服用しています。さらにコレステロール値が高いので、3カ月に1回、血液検査をして、かつ悪玉コレステロールを抑える薬を飲んでいます。そのほか60歳のときに膀胱にできたポリープを手術しています。腱板の周囲の筋肉をつけるリハビリもしないといけない。歳が歳ですから、いろいろガタがきているんですよ」(赤﨑さん)

 まさに満身創痍…。前々回の記事(『クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は伸びる!』)で「一病息災」と紹介したが、抱えているのは一病どころではない。でも、ゴルフは土日祝日を合わせて週4回以上、コンスタントにラウンドし、平均スコアが70台。病は気からというが、気持ちのありようがいかに大事かを赤﨑さんは如実に示している。

 そんな赤﨑さんはいったい、どんな日常生活を送っているのだろうか。

(*1)肘の酷使が原因の1つとされ、指を曲げ伸ばしたり、開閉したりする筋肉の動きを司る尺骨(しゃっこつ)神経が麻痺する疾患。

起床前の布団の中でストレッチや筋トレが日課

 赤﨑さんが起床するのは朝の6時から7時の間である。

 「5時には目が覚めているのですが、布団から出るのは6~7時です。その間に布団の中でテレビを見ながら3キロの鉄アレイを持って、肘から先の部分を上下動して、腕の筋トレをしているんです」(赤﨑さん)

 鉄アレイによる腕の筋トレは両手を合わせて4~5分。それが終わると、次は腰のストレッチに入る。

 「あお向けに寝たまま腰を支点に両足を上下動させて、股関節を小刻みに動かします。このストレッチをやると、前日ラウンドして腰が重たいときも一発で動けるようになります。そのあと足首を曲げ伸ばしする。それでも腰が重いようなら、上体を起こして座り歩きをする。両足を前に伸ばした状態でお尻を床につけて座り、その尻を動かして前に進む運動です」(赤﨑さん)

 こうして朝の日課で十分にウォーミングアップをした後に、ようやく床から出る。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.