日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 82歳で年間150ラウンド、「クラブハウスが居間で、フェアウェイが庭です」  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

82歳で年間150ラウンド、「クラブハウスが居間で、フェアウェイが庭です」

第3回…ハンデ3.8の極意は「ダボは絶対に叩かない」【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 赤﨑さんはたちまち夢中になった。スコアはともかく、野球の打球とは比較にならないくらい遠くに飛んでいくゴルフの「飛ばし」の醍醐味にすっかり魅了されたのである。もともと野球をやっていて、飛ばす能力は最初からあったのだろう。当時のパーシモンで230ヤード以上飛ばして、取引先とのコンペではドラコン賞の常連になっていく。

 とはいえ、コースに出るのは月に1回がせいぜい。当時のゴルフはキャディ付きが当たり前で、キャディフィーまで含めると1回のプレー代は1万5000円前後と、一般のサラリーマンにはまだ高嶺の花だったのである。ちなみに、1975年当時の大卒初任給は8万9300円(厚生労働省の調査)であった。

 「だから、福岡支社に転勤になったときは嬉しかったですね。久留米には筑後川の河川敷に9ホールのゴルフ場があり、ここは市の委託で営業しているパブリックだったので、プレーフィーが750円で昼食代が250円と、1000円で1日遊べたのです。だから仲間同士、交代で夜中から並んで予約を取ったり、欠員が出るとすぐ招集がかかったりと、本当に楽しかったですね」(赤﨑さん)

80歳で最高ハンデ1.2、今も3.8をキープ

 そんな月イチゴルファーの時代を過ごして、赤﨑さんが本格的にゴルフを始めたのは、これまでご登場いただいたエージシューターたちと同じく、大洋漁業を定年退職してからだった。

  「定年後はいずれ郷里に帰る計画を立てていたので、定年前の58歳のときに祁答院GCとゴールデンパームCCの会員権を購入しました。60歳の定年と同時に鹿児島に移住して、両方のゴルフ場に毎週末出かけるようになったのです」(赤﨑さん)

 祁答院GCもゴールデンパームCCも当時オープンしたばかり。いわばメンバー第1期生のようなもので、赤﨑さんは祁答院GCにおけるシングルプレーヤー第1号、エージシュートの達成も第1号になっている。また祁答院GCではオープンから15年間、ハンデキャップ委員長も務めている。

エージシュート達成200回を祝い、ホームコースのゴールデンパームカントリークラブに建てられた記念碑。
エージシュート達成200回を祝い、ホームコースのゴールデンパームカントリークラブに建てられた記念碑。

 「初めてのエージシュートは、ゴールデンパームCCで71歳の誕生日に36・35で達成。数日後に祁答院GCでも33・38で回って、これが祁答院GCにおけるエージシュート第1号になりました」(赤﨑さん)

 さらに赤﨑さんは78歳のときに35・31の66を出して生涯最小スコアを記録しているほか、80歳のときにはハンデキャップが生涯最高の1.2、82歳となったいまも3.8を維持している。年齢を重ねても腕前が落ちない、まさに驚異のシニアゴルファーといえるだろう。

スコアは意識せず1打、1打、ボールに集中する

 現在のラウンド数は、ゴールデンパームCCが年間140回以上。その他、近隣のゴルフ場に出かけるのが同10回前後で、合わせて年間150ラウンド前後だが、この3年間はその8~9割がエージシュートだそうだ。

 「週末は仲間と一緒のスタート枠が必ず確保してあり、土日祭日と平日3日はだいたいゴルフ場にいます。いってみればゴルフ場のクラブハウスが我が家の居間で、フェアウェイが庭みたいなものですね(笑)」(赤﨑さん)

 最後に、赤﨑さんにエージシュートを出すコツを聞いてみると、次のような答えが返ってきた。

 「一言でいうと、パーを取りに行こうとするとダメです。スコアを意識すると手が縮こまってクラブがスムーズに振れない。スコアは意識しないで1打1打、目の前のボールに集中することが大切です。ついでにいうとドライバーはフェアウェイキープが第一。2打目はグリーンに乗せるつもりでピンに届くクラブを使います。人によってはグリーン周りに行けばいいという人もいるけど、それでは乗るものも乗らなくなる。とくにグリーン手前にバンカーがあるときは、絶対にバンカーに入れないようクラブは大きめを持つ。エージシュートで大事なのはダボを叩かないこと。ダボさえ叩かなければ、ハーフでボギー5つとパーを4つ取れば82を達成できる。そう思ってリラックスして臨めば難しくないですよ」(赤﨑さん) 

 エージシュートを目指している人はもちろん、80台のスコアがなかなか出ないという人も、参考にしてみたらどうだろうか。

*)次回(11月20日公開)は、『82歳エージシューター、朝の日課は布団の中で「筋トレとストレッチ」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.