日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は伸びる!  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は伸びる!

第2回…「ボールをよく見る」「ミスを抑えるクラブ選択」で70台を維持【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「それが私にもよくわからないのです。腱板を断裂してから腕に力が入らなくなった。だから、ボールを打ちたくても打てなくて、否応なしにクラブに仕事をさせないといけない。そのためにはクラブをちゃんとヒットしないといけないと思って、ボールをよく見て打つようになった。するとミスが少なくなって真っすぐ飛ぶようになった。思い当たることといえば、それくらいしかないんですよ」(赤﨑さん)

 こう分析した後で、赤﨑さんは苦笑しながらもう一言付け加えた。

 「それとね、ドライバーは飛ばなくなったけれども、代わりに3番ウッドが飛ぶようになったのです。ドライバーの飛距離は190~200ヤードだけど、3番ウッドでも今はドライバーと同じ200ヤードくらい飛ぶようになりました」(赤﨑さん)

 ここに赤﨑さんの飛ばしのヒントがありそうだ。

ヘッドの重みを使って飛距離アップ

 クラブ設計家に話を聞くと、ドライバーのヘッド重量は193~195gであるのに対し、3番ウッドは212~214gに設計されているという。つまり、ヘッド重量だけを比べると3番ウッドの方が重い分、ヘッドを効かせれば(クラブに仕事をさせれば)ドライバーよりも飛ぶ。

 ボールをよく見て打つという赤﨑さんの意識は、ヘッドの重みを上手く使いながら芯でボールを捕える、つまり「インパクト率」が上がったことで「クラブに仕事をさせる」という理想的なスイングへと変化したものだと推測できる。いつも思い切りクラブを振り回し、自分で打ちにいってミスを繰り返しているゴルファーには、スイング改造のヒントになるのではないだろうか。

 ここで赤﨑さんの愛用のクラブを紹介しておこう。

  • ドライバー―――――――――スリクソンXXIOプライム
  • 3W、5W、7W――――――ブリジストン ファイズ
  • 9W、11W―――――――――マルマンシャトルU4
  • アイアン6~9I―――――ミズノJPS
  • ウエッジPW、FW、SW――ミズノJPS
  • パター―――――――――――メーカー名不明
     35年前にもらったコンペ商品(glint more9102の刻印あり)。

 「ドライバーもアイアンも、これまで何セットも買い替えましたが、パターだけは何度か買い替えても、このパターに戻ってくる。コンペの賞品でもらった無名のものですが、握ったときにすごくしっくりくるんですよ」(赤﨑さん)

クラブセッティングはウッド主体だ。これはミスショットになったときの飛距離がアイアンよりも稼げるとの狙いがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 赤﨑さんは前記の14本を使って、82歳になったいまも平均スコア77~78で回ってくる。目が覚めるほど素晴らしいボールを打つ飛ばし屋でもなければ、プロが舌を巻くようなショートゲームの達人でもない。ごく普通のシニアゴルファーなのに、いつの間にかパーでホールアウトしている。そんな感じだ。それを18ホール積み上げていくように淡々とラウンドしていく。

保険をかけるクラブ選択でミスショットのダメージを最小に

 こうした赤﨑さんのスコアメイクの秘密は、どこにあるのだろうか。

 まず、クラブセッティングからもわかるように、アイアンよりもフェアウエーウッド類を多用するのが赤﨑さんのラウンドを支えていることは間違いなさそうだ。

 「そうですね。基本的に6番アイアンや7番アイアンよりも9番ウッドや11番ウッドを使います。同じ飛距離が出るウッドとアイアンを比較すると、例えば6番アイアンなどでミスをすると全然ボールが飛ばない。でも9番ウッドなら当たりが悪くても150ヤードぐらいは飛んでくれる。ミスのダメージが少ないと思いますね」(赤﨑さん)

 要するに、ゴルフはいつもナイスショットができるわけではないので、ミスしたときにダメージを最小限に抑えられるよう保険をかけて臨む。保険をかけるうえで大切なのは、そのクラブを使ってミスが出ないかどうかをチェックする作業だ。つまり、ボールのライをしっかり観察する。

 前述した赤﨑さんの言葉にあった「クラブに仕事をさせるために、ボールをよく見て打つようになった」という、“よく見る”作業には、アドレスに入る前にボールのライをチェックすることも含まれているという。

 「ライの見極めはすごくていねいにやります。それ以外は特に考えていることはありません。強いて言えば、今日1日ゴルフができることに喜びを感じながら、どんなミスショットをしても腐らず、自分に怒らない。一緒に回ってくれる人に感謝の気持ちで接する。そんなことがメンタルの安定を保っている気がします」(赤﨑さん)

 一病息災、という言葉がある。無病息災ではなく、1つくらい病気を抱えているほうが無理をせずに自分を大事にし、周囲も大事にするから、結果的に元気いっぱいの人よりも健康で長生きする(息災)という意味だ。赤﨑さんの話を聞いて、そんな言葉を思い出したのだった。

*)次回(11月19日公開)は、『今もゴルフは週3回、「クラブハウスが我が家の居間で、フェアウェイが庭です」』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.