日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は伸びる!
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は伸びる!

第2回…「ボールをよく見る」「ミスを抑えるクラブ選択」で70台を維持【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

ゴルフを続けながら自然治癒を待つ決断

 1933年(昭和8年)生まれで、今年82歳になる赤﨑俊美さんは、今から5年前に右肩の腱板を部分断裂し、その後、リハビリで通っていたスポーツジムで昨年11月に左肩の腱板を完全断裂した(前回記事:『82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」』)。専門医からは「手術以外に治す方法はない」と宣告された。

 しかし、手術をすればリハビリに3カ月かかり、その間は当然、ゴルフはできなくなる。80歳を過ぎてから、生活の一部であるゴルフを中断すれば、その間に足腰の衰えは想像以上になるかもしれない。78歳で腱板を半断裂したときに、2週間ほどのブランクでも体力の衰えを実感した赤﨑さんはあえて手術を受けることを辞退し、ゴルフを続けながら自然治癒を待つ決断をした。

左右均等の重心配分でバランスのよい赤﨑さんのアドレス。今も腕は肩よりも上に挙げられないが、スイングに必要な体を回転させながら腕を使う方法でゴルフを続ける。

 無論、赤﨑さんが下した決断については、賛否両論があるだろう。

 医療技術が進んだいま、様々な疾患やケガは手術で治るようになった。とはいえ、病気やけがは完治したとしても、闘病の末に足腰が弱ってますます体力低下を進めるといった事例が少なくないこともまた事実であろう。

 数々のエージシューターたちと接してきた中で筆者が感じたことは、その世代にとって大事なのは「残された時間に自分は何をしたいか」を見極め、決断していくことであるかもしれない。赤﨑さんの選択は、まさに歳を重ねた後の一つの生き方を示しているような気がする。

ボールをよく見る心がけがミスを減らした

 前述したように赤﨑さんは左肩の腱板断裂後にドライバーの飛距離がガクンと落ちたという。昨年11月にけがをする前は、平均飛距離が200ヤードを超えていたのに、その後は170~180ヤードになったのである。

 「昔の自慢をしても仕方ないけど、60歳になってからも250ヤードは飛ばしていたんです。ホームコースの祁答院GCには、岡本綾子プロがドライバーで飛ばした地点に表示板が立ててあったのですが、その表示板をよくオーバーしていたんですよ」(赤﨑さん)

 むろん、80歳を過ぎてからも200ヤード以上飛ばしていた赤﨑さんは、年齢からすれば十分すぎるくらい飛ばし屋だったわけだが、ゴルファーにとって飛距離が20ヤードも落ちるとスコアメイクはかなり厳しくなる。ところが、一旦落ちた飛距離がまた復活して、いまは腱板断裂前の飛距離に戻ってきたという。

 クラブやスイングを変えたわけではない。にもかかわらず、再び飛距離が戻ってきたのには、何か秘訣があるのだろうか?

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.