日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」  > 3ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」

第1回 「ゴルフがなかったら“生ける屍”になっていた」【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ケガを抱えたまま4連続ラウンド、スコアはすべて70台!

 肩の完治はまだまだ遠い先。ケガを抱えたままでの久しぶりのラウンドでも気持ちがよかったせいか、赤﨑さんは、なんといきなり70台の好スコアで回った。記録に残している当時のノートをめくると、ケガをした後、最初にラウンドした11月19日が75の好スコア。23日と24日も連続して75。27日はなんと74だった。

 結局、赤﨑さんは、迷った末に、予約していた内視鏡手術を受けることを辞退した。

 「肩は痛いし、腕は上がらなくてドライバーは飛ばないけれども、なぜかスコアはいい。『だったらもう手術なんかしなくていいよ』と、かかりつけの整形外科医に相談してから決断しました」(赤﨑さん)

 もちろん、手術をしなかった場合のリスクも聞いている。重いものを持ち上げる動きはできなくなるし、肩の上げ下げによる痛みは残る。腱板は切れていても肩の動き自体は三角筋という筋肉でもカバーできるので、そこを強化すればクラブを振る動きくらいは何とかなるだろうということだった。

 それならば三角筋を強化してゴルフを続けよう―。

「ゴルフのお陰で私は生き返ったのです」

 「とにかく、クラブさえ振れれば、それ以外は肩が使えなくて日常生活で不自由してもいいという思いでした(笑)」(赤﨑さん)

 ボールはまったく飛ばなくなったし、クラブをキャディバックから取り出すときには痛みが走ったが、青いフェアウエーの上を歩くだけで気分が晴れやかになり、翌日もまた理学療法士の指導を受けに行く気になった。そして、コースに出ると無意識のうちに少しでも飛ばそうとしてスイングアークが大きくなっていく。やがて肩の可動域が広がってくるのが実感できると、その感動が赤﨑さんをまたコースへと誘った。

 「ああ、ゴルフをやっていてよかったなあと、今はしみじみ思っています。ゴルフが私にとってのリハビリであり、仲間と競い合うことで私のケガは治りつつあるのです。もし、医師の勧め通りに手術を受けていたら、腱板は治ったとしても、その後のリハビリ期間中にゴルフができずに足腰が弱ってしまえば、今ごろは“生ける屍”になっていたかもしれません。ゴルフのお陰で私は生き返ったのです」(赤﨑さん)

ゴルフがなかったら今は“生ける屍”になっていた

 ゴルフ歴40年。常にエージシュートを目標にしている赤﨑さんにとって、普通にラウンドするだけのゴルフは意味がないと考えたのかもしれない。ともかく日常生活での不便さと引きかえにエージシュートに挑戦し続けたいとの情熱が今日の復活劇を生んだのだった。

 ちなみに赤﨑さんは、11月5日現在のエージシュート回数が通算778回。ホームコースはゴールデンパームCCと祁答院GC(いずれも鹿児島県)で、シニアチャンピオンを祁答院GCで7回、グランドシニアチャンピオンを同コースで4回、ゴールデンパームCCで1回取っているほか、ホールインワンを通算3回記録している。

 それにしても赤﨑さんは腱板断裂後の一時期、ドライバーの飛距離がガクンと落ちたのに、今また飛距離が戻ってきて、スコアは以前にも増してよくなったという。その秘訣は何なのか、次回、赤﨑さんの自己分析も交えて紹介しよう。 

*)次回(11月18日公開)は、『クラブに仕事をさせれば、82歳でも飛距離は取り戻せる!』をお届けします。ぜひ、ご覧ください。

先頭へ

前へ

3/3 page

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.