日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

82歳エージシューター、肩の手術をやめた理由は「前よりスコアがいいから」

第1回 「ゴルフがなかったら“生ける屍”になっていた」【赤﨑俊美さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

「手術をしないと治りません」ときっぱり宣言

 しかしながら、しばらくゴルフを休んだだけで筋力は低下し、ドライバーの飛距離が落ちた。ドライバーの飛距離が落ちれば、生きがいにしているエージシュートの積み重ねにブレーキがかかるかもしれない。そう考えた赤﨑さんは、筋力の衰えを少しでもリカバリーさせようとスポーツジムに頻繁に通いトレーニングに励み始めた。

 冒頭で触れた2回目の腱板断裂は、スポーツジムの中で起きた。昨年11月1日、ジムのフロアにつながる階段から転落。今度は左肩を強打したのだった。赤﨑さんはすぐに自宅近くの整形外科病院に駆け込んだ。MRI検査を受けた結果、「左肩腱板の完全断裂」と診断された。

 「完全断裂というと・・・?」

 赤﨑さんが恐る恐る質問すると、高齢の医師から「手術をしないと治りません」ときっぱり宣言された。続いて、「私自身が歳を取りすぎていて、メスを使って肩を切開して筋肉を縫合する手術はちょっと厳しい」と申し訳なさそうに囁かれたそうだ。

左足下がりの難しいライでもフィニッシュはきっちりとる。とても肩に問題を抱えているとは思えないスイングだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 さて、どうしたものか。完治には手術が必要だが、かかりつけの整形外科医にはできないと宣告されて、赤﨑さんは途方に暮れた。

 「ところがその直後に、かつて勤めていた会社のOB会が福岡であり、参加した仲間の1人が、今は肩を切開しなくても、内視鏡手術で簡単に治せると教えてくれたのです」(赤﨑さん)

手術は1カ月待ち、リハビリ3カ月…で驚きの決断

 早速、鹿児島に帰って主治医に相談すると、県内にも内視鏡手術の専門医が2人いることを思い出し、そのうちの1人に紹介状を書いてくれた。赤﨑さんはすぐにそれを携えて紹介先を訪ねた。

 「ところが、かなり有名な医師とのことで、手術をするのは最短でも1カ月後の正月明けだと言われたのです」(赤﨑さん)

 加えて、体に負担の少ない内視鏡手術を受けたとしても、術後のリハビリに3カ月は必要だと告げられた。合わせて4カ月、ゴルフができない。赤﨑さんは迷い、逡巡したが、とりあえず1カ月後の手術を予約して帰った。

 「その翌日から自宅近くの整形外科病院に通って、手術までの1カ月間、電気治療を受けながら肩関節の動きをよくするストレッチや筋力をつけるための運動を理学療法士に指導してもらうことにしました。ほかにやることがなかったからですが、しばらく続けていたら、肩関節が少しずつ動くようになったんです」(赤﨑さん)

 腕を正面に伸ばして真上に上げる縦の動きだと肩は痛むけれども、クラブを振る横の動きではさほど痛みが出ないことも分かった。

 「担当してくれた理学療法士にゴルフをしてもいいかと聞いてみたら、練習場くらいならいいだろうというんです。練習場がいいならラウンドだっていいはずだと、翌日、早速、ホームコースに出かけました(笑)」(赤﨑さん)

 左肩の腱板の完全断裂を診断されて19日目のことであった。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.