日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 銀行の融資を引き出す86歳社長のエージシュート  > 3ページ目

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

銀行の融資を引き出す86歳社長のエージシュート

第4回…目標と挑戦意欲がなければ永遠にエージシュートは出せません【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「もちろん、一番のコツというか、大切なことは『エージシュートを出すぞ』という目的と挑戦意欲を持つことです。その2つが自分を変えるのだと思います。挑戦しようと思えば、日常の生活習慣や食生活も変わるし、練習方法も自分で創意工夫をするようになる。私の同年代のゴルファーはほとんどゴルフを辞めたし、そうでない人はエージシュートを狙うチャレンジ精神を持たなくなっている。チャレンジ精神を持たなければ永遠にエージシュートは出せません」(和田さん)

 和田さん自身、エージシュートという目標があったから、86歳まで健康で生き生きとゴルフを楽しんでこられたのだと述懐する。

「晴山に行くと3~4人のパーティーの後ろに入れてもらい、1人で回らせてもらいます。前の組のティーショットが終わるまで、一つ手前のホールのグリーン周りでアプローチの練習を繰り返します」(和田さん)。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ここまできたら90歳になってもゴルフをしていたいというのが目標で、今から90歳になったときにどんなゴルファーになるのかを考えていますよ。100を切るというのが今の目標ですね」(和田さん)

「俺は会社のためにゴルフに行っているんだ」

 ところで、2ページ目で紹介したコメントで和田さんが言う「大事な試合」とは、果たしてどんな試合なのか。和田さんがメンバーになっているコースで開催される「グランドシニアチャンピオン」を決める大会なのか、それとも地方アマを選出するトーナメント選手権なのか。改めて質問を向けてみると、即座に、筆者が笑い転げてしまった答えがかえってきたのだ。

 「そりゃあもちろん、年に何度か開催される業界や取引銀行が主催するコンペです。特に銀行のコンペは大事でね。そこでベスグロを取って優勝すれば、たとえ86歳であっても、ベスグロやエージシュートをバンバン出している元気な社長がいる会社からの融資の申し込みならば、銀行側も断るわけにはいかないでしょう(笑)。だから従業員には、『俺が元気なうちは借金ができる。俺は会社のためにゴルフをやっているんだ』と言っています」(和田さん)

 ゴルフも、趣味も、自分のやりたいこと、好きなことに、常に全力で向き合ってきたエージシューターの和田孝弌さん。ゴルフを通じて垣間見た彼の人生は、70年前に若くして散った機関学校の同期生たちと来世で再会を果たしたとき、彼らの分まで生き抜いたという“冥土の土産話”を、たくさん聞かせてやりたいとの思いで走り回っているようにも感じた。

<了>

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.