日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 銀行の融資を引き出す86歳社長のエージシュート  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

銀行の融資を引き出す86歳社長のエージシュート

第4回…目標と挑戦意欲がなければ永遠にエージシュートは出せません【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ティーショットとアプローチを極めてスコア80台を維持

その1~ティーショットで使うクラブを変えていく

 和田さんがメーンのコースにしている晴山ゴルフ場は、客が少ないときには同じ9ホールを2~3度回してくれることがあるという。そんなときは集中的に「練習ラウンド」にするそうだ。まずは、ハーフごとにティーショットでのクラブを変えて回ること。

 「1回目のラウンドは、ティーショットでドライバーだけを使う。次のラウンドでは、3Wだけを使う。最後は7番アイアンだけ打つといった具合に、いろいろ実験をするのです。ややもすると、ドライバーを使わないラウンドの方がスコアをまとめられることがある。同じことを何度やっても進歩がなければ、また違う方法を取り入れてみる。この繰り返しが上達する秘訣ですよ」(和田さん)

その2~アプローチショットを徹底して練習する

 「踊りの世界では、『3日休むと家族にわかる。10日休むと友人にわかる』という格言があります。感覚がずれてくるとなかなか修正できなくなることを喩えたものですが、ゴルフも同じ。特に感覚的な加減要素を求められるショートゲームにおいては、間を空けると上手くいかなくなる。大事な試合を控えているときには、メーンコースの晴山ゴルフ場に行き、3~4人のパーティーの後ろにあえて入れてもらい、1人で回ります。前の組のティーショットが終わるまで、1つ手前のホールのグリーン周りでアプローチの練習を繰り返しているのです」(和田さん)

ティーショットはアドレスに入るとすぐにスイングをはじめる。前々回でもご紹介した「逆けさ斬り」打法によって、86歳になった今でもドライバーの飛距離は200ヤード超を誇る。
ティーショットはアドレスに入るとすぐにスイングをはじめる。前々回でもご紹介した「逆けさ斬り」打法によって、86歳になった今でもドライバーの飛距離は200ヤード超を誇る。
[画像のクリックで拡大表示]

 ラウンド中にたった2つことを続けているだけ。既に前々回でも取り上げた和田流スコアメイク術と合わせることで、今もやすやすとエージシュートの達成記録を更新し続けているというのだ。

スイングをあれこれ考えているうちはまだまだ『上手』のレベル

 では、肝心のエージシュートを出すためのコツはあるのか聞いてみた。

 「小唄の世界では、『上手』と『上手い』は違うんですね。『上手』は音譜通りに唄うことを言います。だから上手になったねと言われても褒め言葉じゃない。一方の『上手い』は、音譜通りに唄えて、かつ唄に艶があることを言う。自分の味が出ているという意味で、これは最高の褒め言葉です。ゴルフも『上手い』といわれる境地に行けたらエージシュートは自然にできるようになる。スイングをあれこれ考えているうちは、まだまだ『上手』のレベル。『上手い』はいわゆる力の加減が分かるというのかな。それが無意識のうちにできると一皮剥けたゴルファーになれて、エージシュートは簡単に達成できるようになります」(和田さん)

 なんとなくわかるような、わからないような・・。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.