日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 「逆けさ斬り」打法、86歳でも飛距離は200ヤード超  > 3ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

「逆けさ斬り」打法、86歳でも飛距離は200ヤード超

第2回…スコアメイクの基本は「フェアウェイキープ」と「パーオンを狙わない」【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「私のスコアメイクの基本は、『ドライバーはフェアウェイをキープする』『2打目以降は無理にパーオンを狙わない』の2つです。グリーンのそばまで飛んでくれるクラブならば、フェアウェイウッドでもユーティリティでもいい。オートマチックに打てる利点を考えるならば、アイアンである必要はないのです。勝負はグリーン周りにきてから。どれだけ『寄せワン』につけられるかでスコアが決まる。だから普段からアプローチを磨くように心がけている、ウェッジのロフトを2~3度刻みに5本入れているのは、そのためですよ」

 ちなみに和田さんが公式にカウントしているエージシュート達成は計34回。プライベートラウンドではほぼ2回に1回のペースで達成しているというが、前述した攻め方でラウンドすれば「80台前半で回るのは決して難しくない」と和田さんは言う。

 「パーオンできなくてもダボさえ叩かなければ80前後では上がれます。ダボを叩くのはどういうときか? ドライバーを飛ばそうとして振り回したときか、第2打目以降で無理にパーオンを狙ってグリーン手前にあるあごの高いバンカーに入れたりしたときでしょう。つまりできないことを無理にやろうとするから大叩きする。できることをしっかりやっていけば、悪くてもボギーでは上がれるのがゴルフなんです」(和田さん)

 ドライバーの飛距離を自慢し、全ホールでドラコンに挑戦しているようなゴルファーには耳の痛い話かもしれない。

「晴山で歩くとお腹の調子がいいんですよ」

 和田さんのホームコースは現在4カ所(湯河原CC・神奈川県、梅ノ郷GC・群馬県、佐久平CCと望月CC・ともに長野県)あるが、いま自身でメーンのコースと任じているのは長野県の軽井沢にある晴山ゴルフ場だ。本来がパブリックコースなので、正確に言えばホームコースと称するのはおかしいのだが、年間30ラウンドのうち20ラウンドはこのコースでこなす。

 「晴山ゴルフ場がありがたいのは、早朝とか夕方に時間ができたときに1人とか2人でふらっと寄っても気持ちよく回してくれることです。メンバーコースというのは本来、そうあるべきなのでしょうが、日本では自分で3~4人集めて、事前に予約しないと回してくれないことが多い。この歳になると、一緒に回る人を集めるのは大変ですし、事前に予約しても体調次第でどうなるかわからない。だから1人で行っても回してくれる晴山がホームコースみたいになっちゃうんですね」(和田さん)

和田さんのメインのコースである晴山ゴルフ場(長野県)。「1人で訪れても、ラウンドさせてくれるうえに、手引きカートを使って歩きながらラウンドする。ゴルフの上達と健康増進にもいい、シニアゴルファーの味方ですね」(和田さん)
和田さんのメインのコースである晴山ゴルフ場(長野県)。「1人で訪れても、ラウンドさせてくれるうえに、手引きカートを使って歩きながらラウンドする。ゴルフの上達と健康増進にもいい、シニアゴルファーの味方ですね」(和田さん)
[画像のクリックで拡大表示]

 和田さんが晴山ゴルフ場を好む理由はほかにもある。手引きカートで歩くゴルフ場だからだ。

 「最近のゴルフ場は、どこも乗用カートばかりでしょう。コースで歩こうと思っても、それができない。晴山ゴルフ場は乗用カートがないので、嫌でも歩かないといけない。晴山で歩くとお腹の調子がいいんですよ」(和田さん)

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.