日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 「逆けさ斬り」打法、86歳でも飛距離は200ヤード超
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

「逆けさ斬り」打法、86歳でも飛距離は200ヤード超

第2回…スコアメイクの基本は「フェアウェイキープ」と「パーオンを狙わない」【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

ゴルフを嗜む者であれば、生涯に一度は経験したいことが3つあるとされる。「ホールインワン」「アルバトロス」、そして「エージシュート」だ。偶然などによってもたらされることが多いホールインワンなどとは違い、自分の年齢よりも少ない数字のスコアで回るエージシュートは、真の腕前だとされる勲章の1つ。そして何より、70代、80代、90代…でゴルフができる「元気の証」でもある。ゴルフを始めた経緯も、その人生も様々。現役エージシューターから学ぶ「体のこと」「ゴルフの極意」をお届けする。

ドローボールで200ヤードを飛ばす「逆けさ斬り打法」

 和田孝弌さんは、86歳になった今でもドライバーで200ヤード超の飛距離を誇る。そのスイングを見たゴルフ専門誌『書斎のゴルフ』(日本経済新聞出版社)の本條強編集長が、「逆けさ斬り打法」と命名したほど独特だ。

 まず、アドレスした後にバックスイングはインサイドに引きはじめ、低い位置でヘッドをいったん止める。次に、そこからトップまで引き上げる。いわゆる「2段モーション」だ(写真参照)。そして、トップからダウンスイングに入り、インパクト後はヘッドをかちあげるように左サイドに振っていく。俗にいう「けさ斬り」は右上から左下に向けて「アウトサイドイン」に振り下ろすが、和田さんのスイング軌道はその真逆、右下のインサイドから左上に向けて振り上げていく「インサイドアウト」だ。「逆けさ斬り打法」とはまさに言いえて妙だ。

アドレスした後、テイクバックで一度バックスイングを止める(写真左)。次に、ひと呼吸おくようにしてから、クラブをトップまで引き上げる(写真右)。独特の2段モーションが和田さんのスイングの特徴だ。このフォームから飛距離を稼げるドローボールが放たれ、86歳にして200ヤード超のドライバーショットをキープしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 この打法によって生まれるドロー回転によってランを稼ぐ。これが、86歳となった今でも200ヤード超の飛距離をキープする要因になっていることは言うまでもない。

 和田さんはどういう経緯でこの打法を編み出したのだろうか。

 「ゴルフを覚えたばかりの頃にスイングを見てもらっていた大歳プロとラウンドしていたときのことです。プロはドライバーがまったく飛ばなくて、私がパーシモンのクラブで220ヤード飛ばしていたときに、160ヤードくらいのところに落としていたんです。ところがボールのあるところまで歩いて行くと、ほぼ同じ位置に2個並んでいる。要するにランで距離を稼げるドローボールを打っていたわけです」(和田さん)

 そのときの印象が和田さんの記憶の隅に残っていた。

 「当時は別に真似しようとも思わなかった。私の理想は陳清波プロのスイングで、それを参考にしていたときには十分に飛んでいた。ところが70歳になって急に飛ばなくなった。やはり筋力が衰えたからなのでしょう」(和田さん)

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.