日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」  > 「年々派手になっています」、86歳“オシャレ”エージシューター  > 2ページ目
印刷

現役エージシューターの「山あり、谷あり、ゴルフあり!」

「年々派手になっています」、86歳“オシャレ”エージシューター

第1回…「人間は色気がなくなったらおしまいです」【和田孝弌さん】

 高橋健二=ノンフィクションライター

 「当時、砧ゴルフ場には故・中村寅吉(*1)さんがヘッドプロでいて、若き日の安田春雄や榎本七郎といった、やがて日本を代表するプロとなる人たちが研修生として働いていました。安田プロが後にアイアンの名手になったのは、寅さんが赤土の粘土を運び込み、それを畳一枚分に広げた上から4番アイアンで打つ練習をさせていたからです。粘土の表面を薄皮一枚剥ぐようにして200ヤード先に落ちてスピンが効く打ち方をさせて、そりゃあ見事なものだった。樋口久子プロのお姉さんも事務員で働いていてね、そのお姉さんの紹介で樋口さんは寅さんに弟子入りしたのだという話を聞きました」(和田さん)

 和田さん自身、寅さんの教えを受けたこともあるという。

 「ある日、砧ゴルフ場にあるバンカー練習場で練習をしていたら、通りかかった寅さんが『お前、何をやってるんだ?』と聞いてきた。『バンカーの練習ですけど』と答えると、『バンカーってのはな、こうやって打つんだよ』といって、20ヤード先の籠に3発打って2発入れた。『わかったか』と問われて、『いえ、わかりません』と答えたら、『見ていたのにわかんないって、どういうことだよ』と、笑いながら煙に巻くようにしてクラブハウスのほうに引き上げていきましたけどね(笑)」(和田さん)

 寅さんお薦めのSW(サンドウェッジ)にも、随分“お世話になった”という。

 「寅さんの親戚がゴルフクラブの製造をしていたようで、勧められてSWを買ったのですが、これがよかった。ネックの具合がよくて構えやすく、バンカーからウソのようにボールが出るんです。今もバンカーショットは得意ですが、その当時、バンカーの練習が面白くて一生懸命やったからかもしれませんね」(和田さん)

故・中村寅吉プロ直伝のバンカーショット。見事な「エクスプロージョン」ともに、20ヤード近い距離を楽々ピンそば1mに寄せた。
[画像のクリックで拡大表示]

 和田さんがゴルフを始めてから3年後の1957年、中村寅吉は霞が関CCで開催されたカナダカップ(現在のワールドカップ)で個人の部に優勝するとともに、小野光一と組んだ団体戦でも優勝を果たし、一躍その名を日本中にとどろかせた。それと同時に、戦後の日本に第一次ゴルフブームももたらした。いわば寅さんの絶頂期に和田さんは薫陶を受けたのだった。

 「寅さんに教えてもらったのはバンカーショットだけ。下のお名前は失念しましたが、ふだんは大歳(おおとし)さんという駒沢の練習場に所属していたプロにスイングを見てもらいました」(和田さん) 

(*1)中村 寅吉 1915(大正4)年9月17日~2008(平成20)年2月11日。1934年、19歳でプロゴルファーになり、1950年に第1回関東オープンで初優勝。1957年に開催された国別対抗戦「カナダカップ」では、日本を優勝に導き、国内に一大ゴルフブームを巻き起こした。2012年(平成24年)殿堂入り。「トラさん」の愛称で親しまれた。門下に、安田春雄プロ、樋口久子プロ(元日本女子プロゴルフ協会会長)らがいる。

「ゴルフは人生の哲学に通じるものがある」

 日本のゴルフが勃興期を迎えた昭和30年代といえば、ハンデが28くらいにならないとコースには出られない習わしだった。

 「パー72プラス28でちょうど100。つまりそれぐらいの腕にならないとラウンドさせてもらえなかったのです。私にゴルフを勧めてくれた先輩から、メンバーコースに連れて行って100以上叩かれたら、他のメンバーさんに迷惑をかけるんだよといわれまして。だからコースに出るまで約1年半、練習ばかりしていました」(和田さん)

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.